カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「チョコ募金 」カテゴリ記事一覧


《チョコ募金》いのちの花《2017》

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ



2009から参加させていただいているJIM-NETのチョコ募金。

今年度も受付が開始されました。



-----JIM-NETのサイトより引用はじまり-----

entry-828.jpg

【チョコ募金とは?】

「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。
一口500円の募金をしてくださった方へチョコレートを一缶プレゼント。
募金は以下の活動に使われます。

・イラクの小児がん医療支援 
・シリア難民支援
・イラク国内避難民支援
・福島の子どもたちを放射能から守る活動

チョコ募金には、毎年大きなテーマがあります。
今年のテーマは「いのちの花Part3 物語のあるチョコレート・ヨーロッパ編」です。
イラク・シリアの情勢は悪化の一途、難民は増えるばかりです。
多くの難民がヨーロッパを目指しますが、イラクに残った難民の中には、劣悪な環境で治療を受けている子どもたちがいます。
JIM-NETでは、そのような子どもや家族の負担を少しでも減らすために「子どもサポートハウス」の開設を目指しています。

セット内容:チョコ4缶・カード4種中身は北海道の六花亭のハート形チョコです。
(ミルク4個、モカホワイト4個、ホワイト2個)
パッケージは難民の子どもたちが描いた花の絵です。
(オリーブ、マーガレット、チューリップ、バラ&ジャスミン)
缶を描いた子どもの写真はチョコに同封のカードの裏面にあります。

-----JIM-NETのサイトより引用おわり-----



湾岸戦争・イラク戦争で使われた劣化ウラン弾がイラクの多くの子どもたちにがんや白血病をもたらしたと言われています。

福島では、東京電力福島第一原子力発電所の事故により撒き散らかされた多種多様の大量の放射性物質により子供達が被曝し続けています。

寄付などのボランティア活動は継続して行うことがなかなか難しいのですが、毎年バレンタインに買う義理チョコをここで購入するだけなので、忘れることなく無理なく継続して協力することができます。

義理チョコに500円は高いと思われるかもしれませんが、イラクの子供達、福島の子供達、シリアの妊婦さんや手足を失った方々への医療費や支援費用が込みの価格ですからね。

バレンタインの義理チョコを、本当にただの義理にしない素敵なキャンペーンだと思います。

いつもなら面倒に思いながら適当に買う義理チョコ、こんな素敵な意味があるのなら楽しく購入できますよね。

素敵だな♪と思われた方、今度のバレンタインにいかがですか?


チョコ募金、先行予約のページはこちら




さて・・・

愛護会展覧会も終わって少し時間的な余裕ができたので、持病の通院のために伊藤病院(表参道)へ行ってきました。

街はすっかりクリスマスムードに染まっていましたよ。

きっと先週まではハロウィーン一色だったのでしょうね。



受付後すぐに採血、結果が出るまでの間外出してもよいと言われたので・・・


SoupStockTokyoで遅い昼食
  スープストックセット 980円なり♪

soup.jpg
“ゴッホ”の麦畑のスープ(サフランと野菜のプロヴァンス風)“
“芸術家のレモンと鶏肉のスープ“
“石窯パン“



採血してもらっているとき、「今日の午後は空いている」みたいな話が聞こえたので、そそくさと食事をすませて病院へ戻ったのですが、確認くんでチェックしたら「10人待ち」・・・。

ドリンクもつけてもらったりして、もっとゆっくりしてから戻ればよかった・・・。



診察が終わって、会計を済ませ、お薬をもらって外へ出たら、もう真っ暗でした。



クリスマスとは関係ないパンサーカメレオン
LAFORET.jpg

パンサーカメレオンはこーゆー砂漠にはいないと思われます。



もうすぐ建て替えられてしまうらしい原宿駅舎
harajuku.jpg



ちょうどよい特急がなく、新宿から中央線特快→各駅停車を乗り継いで帰ってきました。

人混みも電車移動も苦手です・・・。

とっても疲れましたぁ〜。



今年もチョコ募金に参加します♪
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

pup_1.jpg

仔犬は、仲間や先輩の犬舎でも随時産まれておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお申込フォームから。

御家庭の事情で、ある程度成長した犬を御希望という場合にも
お役に立てると存じますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お申込フォームの御要望欄にその旨をお書きください。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_



犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』



犬診断(いぬのきもち)









記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

いのちの花Part2 Chocolate for Peace:チョコ募金受付開始されました!

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ



slider01.jpg



2009から参加させていただいているJIM-NETのチョコ募金。

今年度も受付が開始されました。



(JIM_NETのホームページより転載はじまり)

「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。
一口500円の募金をしてくださった方へチョコレートを一缶プレゼント。
募金は以下の活動に使われます。

 ・イラクの小児がん医療支援 
 ・シリア難民・イラク国内避難民支援
 ・福島の子どもたちを放射能から守る活動

チョコ募金には、毎年大きなテーマがあります。
今年のテーマは「いのちの花Part2 Chocolate for Peace」です。

イラクのがんの子どもたちが本当の花を手に取り、描いた。
そこには命があり、物語がある。

(JIM_NETのホームページより転載おわり)




entry-798.jpg

湾岸戦争・イラク戦争で使われた劣化ウラン弾がイラクの多くの子どもたちにがんや白血病をもたらしたと言われています。

福島では、東京電力福島第一原子力発電所の事故により撒き散らかされた多種多様の大量の放射性物質により子供達が被曝し続けています。

募金してくださった方には、カードつき缶入りチョコがプレゼントされます。

寄付などのボランティア活動は継続して行うことがなかなか難しいのですが、毎年バレンタインに買う義理チョコをここで購入するのなら忘れることなく継続して協力することができます。

義理チョコに500円は高いと思われるかもしれませんが、イラクの子供達、福島の子供達、シリアの妊婦さんや手足を失った方々への医療費や支援費用が込みの価格ですからね。

バレンタインの義理チョコを、本当にただの義理にしない素敵なキャンペーンだと思います。

いつもなら面倒に思いながら適当に買う義理チョコ、こんな素敵な意味があるのなら楽しく購入できますよね。

素敵だな♪と思われた方、今度のバレンタインにいかがですか?


チョコ募金のページはこちら



常磐の仔犬たちは眼が開きました。
生意気にワンワンと鳴いたりもしています。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

070109_pup_m2_1.jpg

仔犬は、仲間や先輩の犬舎でも随時産まれておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお申込フォームから。

御家庭の事情で、ある程度成長した犬を御希望という場合にも
お役に立てると存じますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ
仔犬譲渡のお申込フォームの御要望欄にその旨をお書きください。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』








記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

いのちの花

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ



2009から参加させていただいているJIM-NETのチョコ募金

今年度も受付が開始されました。





(JIM_NETのホームページより転載はじまり)

choco01.jpg


「チョコ募金」は、イラク・福島の子どもたちとシリアの難民を支援するための募金です。

2011年からは原発事故の放射能から福島の子どもたちを守る活動にも使われ、2012年からは、収まることのないシリアの内戦で苦しむ妊婦さんの支援にも使われています。

加えて2014年からは、内戦で傷ついた人々の義手・義足をつくる「希望の足」プロジェクトにも使われます。

JIM-NETのチョコには毎年テーマがあります。

今年のテーマは「いのちの花」。

イラクのがんの子どもたちが、生きている花を描きました。

生きている花は、私たちに力を与えてくれます。

チョコの缶になった絵を見た人たちが、嫌なことを忘れて幸せな気分になってくれたら嬉しいです。


(JIM_NETのホームページより転載おわり)





湾岸戦争・イラク戦争で使われた劣化ウラン弾がイラクの多くの子どもたちにがんや白血病をもたらしたと言われています。

福島では、東京電力福島第一原子力発電所の事故により撒き散らかされた多種多様の大量の放射性物質により子供達が被曝し続けています。

募金してくださった方には、カードつき缶入りチョコがプレゼントされます。

継続して協力(寄付)することは難しくても、バレンタインに買う義理チョコをここで購入するのなら簡単に継続して協力できますよね。

義理チョコに500円は高いと思われるかもしれませんが、イラクの子供達、福島の子供達、シリアの妊婦さんや手足を失った方々への医療費や支援費用が込みの価格ですからね

チョコのパッケージは、イラクの子どもたち描いてくれた絵が使われています。



今回のパッケージ
choco07.jpg


絵を描いてくれた子供たち

イマーンちゃん(バラ)
ソーラン出身(12歳)。大腸がん。
山奥の農村から4時間かけて通うアルビルの病院は、「イスラム国」から避難してくる患者が増え、薬が不足しているとのことです。
イマーンは絵を描いた3か月後の7月に亡くなったそうです。

ハウラちゃん(ひまわり)
サマワ出身(17歳)。白血病。
彼女の絵は『ハウラの赤い花』という絵本にもなったそうです。
今は治安が悪化し、月一度の検査の通院も大変な状況とのことです。

ハニーンちゃん(けし)
ファルージャ出身(7歳)。白血病。
故郷が「イスラム国」に占領されたため、国内避難民となったそうです。
アルビルで白血病の治療を継続中とのことです。

カーヌちゃん(ガーベラ)
アルビル出身(9歳)。白血病。
15人の兄弟姉妹がいる大家族。
お父さんは軍隊で働いており、「イスラム国」との戦いで前線から帰ってこられない日も続いているとのことです。



バレンタインの義理チョコを、本当にただの義理にしない素敵なキャンペーンだと思います。

いつもなら社交辞令的に適当に買う義理チョコ、こんな素敵な意味があるのなら楽しく購入できますよね。

素敵だな♪と思われた方、今度のバレンタインにいかがですか?



bnr-choco.png
JIM-NET チョコ募金のページ




/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

070113_pup_1.jpg


仔犬は、仲間や先輩の犬舎でも随時産まれておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(お問い合わせはお申込フォームから)。

御家庭の事情で、ある程度成長した犬を御希望という場合にもお役に立てると存じます(仔犬譲渡のお申込フォームの御要望欄にその旨をお書きください)。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_














記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

命・絆ぐるぐる

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ




01.png


今年度もはじまりましたJIM-NETのチョコ募金です。

本当は12月1日から受付が開始されていたのですが、甲斐ちゃんの介護やらなんやらで忙しくしていたらうっかりご紹介するのを忘れてしまっていました・・・まだ受付が終了していなくてよかった・・・。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

(JIM-NETのHPより引用はじめ)

『チョコ募金とは?』

「チョコ募金」は、イラク・福島の子どもたちとシリアの難民を支援するための募金です。
2011年からは原発事故の放射能から福島の子どもたちを守る活動にも使われ、2012年からは、収まることのないシリアの内戦で苦しむ妊婦さんの支援にも使われています。
JIM-NETのチョコは哲学のあるチョコと言われています。今年の哲学は「絆ぐるぐる」です。
チョコの缶は、いのちの強さを感じさせる絵を使っています。
戦争や原発で家族の絆が分断されないように。
シリア難民の赤ちゃんが無事に生まれてお母さんとしっかり絆でつながれるように。
イラクでは、小児がんの子どもたちが世界の絆で支えられ治療を受けられるように。
東日本大震災の時に、世界から助けてもらった私達は、今世界に向けて絆をぐるぐる回しながら、平和な世界を作りたい。
そんな思いを込めて、今年もおいしい六花亭のチョコを皆様にお届けします。
北海道・六花亭のチョコレートを使用。
パッケージには、イラクの子どもが日本のために描いてくれた絵を使っています。

all01.jpg

blue.jpg

(引用終わり)

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_



 寄付!とかまえるとなかなか機会もないですし、単発ならともかく継続して協力(寄付)しつづけることは更に難しいものです。

でも、どうせ毎年購入するバレンタインデーの義理チョコをここで購入するのなら簡単に継続して協力することができますよね。

義理チョコに500円は高いと思われるかもしれませんが、子供達のために医薬品を購入する資金が込みの価格ですから。

素敵だと思われた方、来年のバレンタインデー用にいかがですか?


JIM-NET チョコ募金 http://www.jim-net.net/choco/

チョコ募金申込フォーム http://www.jim-net.net/choco/form/




 さて、話は変わるようで変わらないようでなのですが・・・。

甲斐ちゃんが、とうとう口からは何も受け付けなくなりました。

雪が降った12月18日の前日朝から、缶詰もカステラも、水さえ飲まなくなってしまいました。

ショートケーキやプリン、ヨーグルトなどいろいろ試しましたが、食べません。

好き嫌いで拒食していた時には、差し出した食べ物に鼻を近づけ匂いをかいでから顔を背けていたのですが、今は鼻先に近づけても鼻を動かしません。

プーちゃんのときのように注射器で口の端から薄めたOS-1を流し込むと飲み込みはしますが、ほんの少し(本当にほんの少しなのに)飲むと後は怒って暴れ始めます。

甲斐ちゃんが衰え始めた時に、ここまで頑張ってくれたらいいなと思った期限が二つありました。

ひとつめの期限はつい先日クリアしてくれましたが、もうひとつ願った期限の14歳の誕生日は迎えられないかもしれません。

こちらの声はもうあまり届かなくなっているようですが、甲斐ちゃん自身の意志表示ははっきりしていて、オシッコはおむつにしていますがウ○チはよぼよぼの足取りながら絶対に庭に出ないとしません(庭に出せ、出せとアピールします)。

その意思表示がはっきりしている頑固者の甲斐ちゃんが、理由はなんにせよ経口摂取をしたくない!というのですから、無理強いするのはやめることにしました。

人間だったら胃瘻を造ったりするところなのでしょうが・・・。

ただ、脱水が進んで膀胱炎になると辛がる(実は11月中旬頃に一度そうなってしまいました)ので、朝晩の経直腸輸液だけは続けています。

徘徊している時間が少なくなり、静かに眠っている時間が長くなってきました。

このまま少しづつ衰弱して、苦しむことなく眠るように旅立ってくれるようにとそれだけを祈りつつ、少なくなってしまった(本当に少なくなってしまって泣きそうです)お世話を今までの感謝をこめてつづけていくのみです。







記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

限りなき義理の愛 大作戦

2009から参加させていただいている

JIM-NETの『限りなき義理の愛 大作戦』

今年度も受付が開始されました。

『限りなき義理の愛 大作戦』とは、イラクの白血病・がんの子供達および福島の子供達を支援する団体JIM-NETのバレンタインキャンペーンです。

湾岸戦争・イラク戦争で使われた劣化ウラン弾がイラクの多くの子どもたちにがんや白血病をもたらしたと言われています。

福島では、東京電力福島第一原子力発電所の事故により撒き散らかされた多種多様の大量の放射性物質により子供達が被曝し続けています。

JIM-NETのチョコ500円のうち、

290円はイラクの小児がんの子どもたちの医療支援に

50円は福島の子どもたちを放射能からまもる活動に

使われます。

募金してくださった方には、カードつき缶入りチョコがプレゼントされます。

継続して協力(寄付)することは難しくても、バレンタインに買う義理チョコをここで購入するのなら簡単に協力できますよね。

義理チョコに500円は高いと思われるかもしれませんが、イラクの子供達のために医薬品を購入する資金&福島の子供達を被曝から護る活動費が込みの価格ですからね

チョコのパッケージは、イラクの子どもが日本のために描いてくれた絵が使われています。

今回のパッケージには、バグダッドのアヤ・ハイサムちゃんの絵を主に使っているそうです。

アヤ・ハイサムちゃんは8歳でウィルムス腫瘍を患いましたが、最初の診断が正確になされず、手遅れになってしまったとのことでした。

彼女が、わずか2年間の闘病生活中に描いた絵を是非ごらんいただきたいと思います(JIM-NETのチョコ募金のページでも絵をごらんいただけます)。

また、アヤ・ハイサムちゃん以外にも、イランで放射線治療を受けたヌールちゃんや、アルビルで治療中のファーディアちゃんなど、総勢6名のイラクのがんの子供達がパッケージ用の絵を提供してくれたとのことです。



バレンタインの義理チョコを本当にただの義理にしない素敵なキャンペーンだと思います。

いつもなら、社交辞令的に適当に買う義理チョコ、こんな素敵な意味があるのなら楽しく購入できますよね


素敵だな♪と思われた方
今度のバレンタインにいかがですか?




チョコ募金についての詳細および御参加はこちらから



JIM-NET.jpg




日本の子供達の被曝の心配をしなければ
ならないとは本当に悲しいです
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
QRコード
QRコード
検索フォーム
おすすめ♪


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

GREEN DOG



DHCオンラインショップ



書籍の検索♪
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。