カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「甲斐犬(お勉強) 」カテゴリ記事一覧


犬舎訪問♪

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ


猟をされる甲斐犬舎さまに見学におうかがいしました。





いきなり、ものすごいものが・・・(◎ー◎;)


deer_01.jpg



こ、これは・・・w( ̄Д ̄ w



立派な角の鹿の頭蓋骨がふたつ・・・


deer_03.jpg

entry-814.jpg


庭先で風雨に晒して骨だけにしているのだそうです。

私がおうかがいしたときには、角の付け根あたりにわずかに毛が生えた皮が残っているだけで、ほぼ骨だけになっている状態でした。

夏も冷涼で冬は厳寒となる地域なので、骨以外の組織が凍って融けてを繰り返しながらボロボロになっていくため腐敗臭などはあまり気にならないとのことでしたが・・・。


途中経過を見なくてすんでよかった・・・
(。´-д-)



「鹿なんてなんぼでも獲れるけどな、こんな綺麗な角の奴は40年に1頭くらいだよ。 獲れた瞬間『これは俺がもらう!』って言ったからな」

だ、そうです。


猟のお話と甲斐犬のお話をうかがって、犬を見せていただいて、夕方おいとましました。

お土産に猪と鹿の肉(大人がそのまま入れるくらいの大きな冷凍庫にぎっしりお肉が入っていました)をいただいちゃいました♪

帰りがけに「鹿の頭、一個もってく?」とおっしゃっていただき、一瞬「わあ、ちょっと欲しいかも」と思いましたが・・・

我が家には飾る場所もないし・・・

かなり後ろ髪を引かれる思いでしたが、ご辞退申し上げました。

我が家が、いまはなきDASH村みたいな日本家屋だったら、迷わずもらってきて玄関の上とかに飾ったのにな。




犬舎訪問♪というタイトルなのに、犬の写真が
1枚もなくてすみません・・・
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

pup_1.jpg

仔犬は、仲間や先輩の犬舎でも随時産まれておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお申込フォームから。

御家庭の事情で、ある程度成長した犬を御希望という場合にも
お役に立てると存じますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お申込フォームの御要望欄にその旨をお書きください。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_



犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』








記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

お詫び

2012年12月10日付でアップロードした『師走に思うこと』について、内容、発表する場ともに不適切かつ非常識であったと反省し、ここにお詫び申し上げますとともに、当該記事を削除いたしました。
削除した記事にコメントをくださった方には、コメントごとの削除となり申し訳ございません。
今回、当該記事が不適切かつ非常識であることを御指摘くださった日保番外地荘の鈴木雅樹さんに、御指摘を真摯に受け止めることなく自分勝手な理由で反論したことも含めて電話でお詫び申し上げました。
当方の不備を御指摘くださいましたこと、また、電話でお詫びしたことにより矛をおさめてくださいましたことに、御礼申し上げるとともに、あらためてこの場でもお詫び申し上げます、申し訳ございませんでした。
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

犬舎見学(彩の国井上荘)♪

いつもお世話になっている犬舎さま(彩の国井上荘)へ見学に行ってまいりました。

116回展寺田記念杯の『彩の鷹姫号』、130回展大優勝旗の『南陽の力皇号』を筆頭に、多数の入賞犬を育成されている名門犬舎さまです。

お彼岸でお忙しいところを突然のお願いを御快諾くださり、御言葉に甘えて午前中からお邪魔しました。

圏央道のおかげで渋滞にまきこまれることもなく、スムースに到着。

広い敷地に立派な犬舎(ひとつひとつの犬舎も広〜い)が並んでいました。

犬達はあとで拝見させていただくこととして、美味しいお茶とおはぎ(餡から手作り!)をいただきながら、犬のお話で盛り上がりました。

飾られているリキと優勝旗のパネル(ポスター大)やトロフィをうらやましく眺め、血統書を拝見させていただきいながらお話しているうちに、あっという間にお昼になり、これまた美味しいお蕎麦(なんとこれも手作りというか手打ち)と新鮮なお刺身(井上さんのお宅はお魚屋さんなのです)を、恐れ多くも井上さんのお給仕でいただきました。

見学にお邪魔したのに、たいへん御馳走になり申し訳なかったです。

本当に御馳走様でした m(_ _)m



さて、肝腎の犬舎見学。

我が家の月と優勝旗を争った『南陽の力皇号』は、リングでの勇姿は何度も間近で拝見(総合優良犬の部ではもちろん、参考犬の部でも隣に並んでいたので)していましたが、ふだんのリキは、犬舎に近づいた私に『撫でろ、撫でろ』とすり寄ってくる甘えん坊さんでした。

撫でるのをやめると、『なんでやめるんだよぉ〜』と抗議されました(笑)

うちの月がリングの外ではこんな甘えん坊さんなのと一緒ですね



ただし、うちの月の場合には他人には甘えたりしないのですが。


久しぶりに『若本陣号』も拝見させていただきましたが、太い(ほんと〜に太い!)差尾は健在で、牡らしく骨量のある素晴らしい犬でした。

こんな素晴らしい種牡を2頭もお持ちで、とてもうらやましかったです。



仔犬ちゃんもたくさん産まれていました。

みんな母犬と同じ広い犬舎の中でのびのびと遊んでいて可愛かったです。


この仔は一人っ仔ちゃんでした
120922_puppy.jpg
ちょこんとすわっておかーさん犬を見上げる表情が可愛いでしょう?
こんなちっこいうちから鮮明な虎毛で、これまたうらやましかったです。



さんざん長居をしてたくさん御馳走になったうえに、なんとお土産までいただいてしまいました。

実は今日は私の夏期休暇初日なのですが、初日から甲斐犬三昧、美味しいものいただき放題の、夢のような一日でした

『彩の国井上荘』さま、本当にありがとうございました。

今後とも、御指導御鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。


甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



しまなみ海産広場 楽天市場店


  






加須市内の放射線量(市役所HP)

記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

仔犬見学(天狼犬舎)♪

4月半ばから5月30日(日)に予定していた『天狼乃桜姫』の仔犬見学。

都内で一人暮らしをしていた弟が23日に急逝して、その対応にばたばたしていてお願いしたことをすっかり忘れてしまっていましたが、前日(29日)の土曜日、弟のアパート処理をしている最中に思い出しました。

思い出したのが前日夜だったのでキャンセルするのが憚られたことと、まだ弟のアパートの処理は残っているものの母を少し休ませたいという意図もあり、予定通り見学に行くことにしました。

約束の11時にお邪魔したところ、私のあとに相次いで『彩の国井上荘』の井上さん、『山形荘』の山形さん御夫妻、『今龍』の飼い主さん、天狼犬舎の作出犬の飼い主さん、マイミクのThe Walrusさんが到着されて驚きました。

しかも、天狼犬舎さんたら『甲斐犬愛護会関東親睦会』と題した小冊子まで作成しているし

しかも、そのままブログにアップしているし

そんなだいそれた名前の集まりとは露知らなかったどころか、私一人がお邪魔するだけだと思い込んでいたのでビックリでした。

とはいえ、同好の先輩方と御一緒させていただく貴重な機会、ちょこっと仔犬を拝見させていただいて帰るつもりが、天狼犬舎さんが御用意くださった美味しいお弁当(井上さんが差し入れてくださったマグロのお刺身、天狼犬舎さんの奥様お心づくしの豚汁つき♪)を頂きながら、たっぷり5時間近く犬話してしまいました。

展覧会のリングとはまた違う形での愛犬自慢ばかりでした

うちの犬はみんな子供が触っても大丈夫 by 井上さん
犬だけでシカを倒すんだ by 天狼犬舎さん
放れ犬の紀州二頭を一頭でやっつけちゃったよ by 山形犬舎さん

どれもうらやましい話ばかりでした。

みなさん、展覧会に力を入れて立派な賞歴がありながらも、展覧会を離れてもモノ扱いせずに可愛がっているところが素晴らしいと思いました

なにかうちも自慢したかったのですが、甲斐のお局ぶりとか某Tさんの極道ぶりとかまやすけの脱走技とか福の食欲とか、まったく自慢にならないことばかりしか思い浮かばず・・

犬の話は本当にいくら時間があっても足りませんね

とっても楽しい時間をありがとうございました

でも、できれば次回(があったら、ですが)は、そんなだいそれた名前を冠さない集まりにしていただけたらと思います(笑)



桜姫の仔犬は、牡一頭/牝一頭の二頭しか産まれなかったとのことでしたが、どちらも父犬譲りの鮮明な虎毛と母犬譲りの良い構成の仔犬で将来がとても楽しみです。

牝を残されるそうなので、年齢が近い福は負けないように頑張らないと。

仔犬の画像は、天狼犬舎さんのブログで御覧ください。




犬ばか万歳!のぽちっをお願いいたします♪
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


GREEN DOG:嫌がるワンコにもカンタン!口耳目のお手入れグッズ125×125 GREEN DOG【厳選ドッグフードお試しセット】 リンク先:仔犬のためにできること
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

いまある幸せ

作家の近藤啓太郎は、中学の頃から日本犬保存会の会員で、柴犬や紀州犬を展覧会に出陳していた他、自らも八色犬舎として優秀犬を作出していました。
作出した犬は、作家仲間や近所(鴨川)に分けていたそうです。

その近藤啓太郎が、15年以上前(1993年当時)にブーム化し始めた犬飼育に関して一言を呈したのが『愛しき犬たち』です。

その中で印象的な一文がありました。

要約すると、近藤啓太郎から犬を分けてもらった人達が日保の展覧会に出陳していた時の言動をみて、古参の会員達が『自分たちは散々犬屋にだまされてクズみたいな犬を高値で買わされて勉強してきた。だから、やっと本物の紀州を手に入れて展覧会で特良をもらえた時は嬉しかったし、優良をもらえた時には仲間を集めてお祝いしたもんだ。しかし、最初から(近藤啓太郎)先生に素性の良い犬を分けてもらった人達は、そういう苦労をせずに優良をもらっているから、優良でも1席2席じゃないと不満顔をする。』と批判したということでした。

とても考えさせられる一文でした。

仔犬の場慣らしでお邪魔する日保の支部展では、現在はほぼ『全犬優良』です。

同様に、甲斐犬愛護会の展覧会でもほぼ全頭が推奨犬賞です。

すなわち、現在では、少なくとも展覧会に出陳してくる人達はみな、素性の正しい良犬を持てるようになっているということです。

これは、それぞれの犬種保存団体の先達の方々の御尽力の賜物以外のなにものでもありませんが、そんな恵まれた環境の中で、私も、近藤啓太郎から犬を譲ってもらった人達と同様、入賞はあたりまえ、上位入賞でなければ悔しいと思うようになっていたように思います。

いまの自分と愛犬達・作出犬達が、先達の方々の御尽力と非常な幸運の上にあるものだということを忘れかけ、いつしかごくあたりまえのことであるかのように勘違いしていたのではないかと思います。

それを気づかせてくれた貴重な一文でした。

いまある幸せを感謝し、今度は私が先達の方々から受けてきた恩恵を、より高めて後進へ伝えられるよう精進していかなくてはならないと思いました(まだまだ私自身が後進もいいところなので、それはだいぶ先の目標なのですが)。



柄にもなく真面目なことを書いてしまいました。

おもしろおかしい内容を期待して読まれた方、すみません。



甲斐犬好きの方、ぽちっとお願いいたします♪
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
QRコード
QRコード
検索フォーム
おすすめ♪


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

GREEN DOG



DHCオンラインショップ



書籍の検索♪
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。