水琴茶堂(桔梗屋工場内)♪

恒例となった甲府盆地での保養です。

台風がきていたおかげで、曇ときどき雨、気温は最高気温で26度という急に冷え込んだ週末でした。



今回は、午前に甲府駅近くで人と会う約束をしていたので、いつもの金川の森森林公園ではなく、甲府駅に近い緑が丘スポーツ公園で犬達を散歩させてから、公園側の緑が丘温泉で汗を流し(気温が低いとはいえ、さすがに甲斐犬2頭を引き運動すると汗だくになっちゃいますので)、犬散歩用のカジュアルな服から会合用のスーツに着替えました。

緑が丘温泉はいわゆる普通の銭湯ですが、朝6時から開いているので、犬散歩の後のリフレッシュには好適です。

アメニティグッズ(せっけん、シャンプー、タオル類など)は一切置いてありませんが(ドライヤーは有料=50円で借りられます)、その分、お値段が400円とリーズナブルです。

休憩室もありますが、入湯料とは別途に1000円が必要みたいです。

午前の会合が無事に終わり、お昼は山交百貨店内のサイゼリヤでオージービーフのリブステーキをがっつりいただきました♪

山交百貨店の駐車場は地下にあるので、晴れの日だったとしても犬を車の中にお留守番させておけます。

午後は甲斐犬の師匠のお宅へお邪魔して、犬のことが中心ですがそれ以外のことについてもいろいろと御報告したり御相談したりしました。

夕食に奥様手作りのほうとうをご馳走になり(いっぱい作ったから食べて、という御言葉に甘えて2杯もおかわりしちゃいました とっても美味しかったです)、おいとました後、小瀬スポーツ公園で犬達を散歩させました。

小瀬スポーツ公園は、韮崎の河川公園が工事中だった期間、何回か甲斐犬愛護会展覧会が開催されたこともある広~い公園です。

月が未成犬二席壮犬二席をいただいた公園です。

外周のジョギングコース(一周2.5km)を2周プラスアルファお散歩しました。

プラスアルファというのは、日が暮れて真っ暗になってしまい、公園内で迷子になり(駐車場に戻れなくなり)さまよった分です(笑)

いつでもどこでもどんなときでも頼りになる月のおかげでなんとか駐車場に戻れましたが、あぶない、あぶない・・・

またまた汗だくになってしまったのをスパホテルの温泉で洗い流して宿泊しました(ホテルでは犬達は駐車場で車内泊)。



翌日曜日にも午前中に小瀬スポーツ公園の近くで人と会う約束があったので、朝の散歩は再び小瀬スポーツ公園でしました。

早朝にも関らず、ジョギングやウォーキングをする人や犬の散歩をする人達で公園はにぎわっており、試合が行われていた野球場からはスピーカーの音も響き渡っており、福のよい場馴らしにもなりました。



午前中の会合が思ったより早く終わり、その頃から雨がぱらついてきたので、お昼は桔梗屋工場内水琴茶堂へ行こうと思い立ちました。

桔梗屋は、山梨銘菓の桔梗信玄餅で有名なお菓子屋さんですが、水琴茶堂をはじめとして、和食やイタリアンのレストランやカフェもやっているのです。

なかでも水琴茶堂は、前々回のブログで御紹介した県立博物館のキッチンぶどう畑と同様、ずっと行ってみたかったお店なのですが、今までは晴天続きだったため、炎天下の駐車場の車内に犬達を置いておくことができないので行けずにいました。

桔梗屋工場に到着した頃には、雨足も結構強くなっており気温はかなり低めで半袖では肌寒いくらいでした。

110821_133414.jpg

110821_133437.jpg



水琴茶堂
110821_132537.jpg
半屋外のような造りの和風レストラン(冷たいお蕎麦、おにぎりランチが中心)です。
桔梗屋工場併設のショップの奥の方のわかりにくい場所にあります(笑)
よく言えば『隠れ家』的なのでしょうが、本当にわかりにくいです(笑)。


水琴茶堂の更に奥には、ほうとうがメインの和食レストラン酔心亭もありました。

雨天で気温も低かったことから、屋内(二階席もある)で温かいほうとうが食べられる酔心亭に心動かされましたが、みんな考えることは同じらしく酔心亭は行列待ちだったので、今回は当初の予定通りに水琴茶堂で食事することにしました。

『鳥もつ煮+大根そば定食』をいただきました。

蕎麦粉は長野産、大根は自社工場=ハイジの野菜畑産だそうです。

食事をするとサラダバー(ハイジの野菜畑産の野菜使用)とけんちん汁がサービスされます。

『鳥もつ煮+大根そば定食』だけでも結構なボリュームなうえに、肌寒いを通り越してかなり寒くなりつつあったのですが、安全な生野菜サラダをいただける貴重な機会だったので、サラダバーもしっかり堪能してしまいました

鳥もつ煮はちょっと・・・でしたが、大根蕎麦はとても美味しく、サラダバーのお野菜&ドレッシング(3種類から選べます。私はトマト+りんごドレッシングの組み合わせが気に入りました)もとても美味しかったです。

冷たいお蕎麦と生野菜サラダで身体がすっかり冷え冷えになってしまったので、食後に温かい甘酒(甘酒といってもノンアルコール)を追加でいただきました。

ついてきたすりおろし生姜をたっぷり入れていただいたら冷えていた身体が良い感じに温まりましたよ。

美味しいものでお腹がいっぱいになり、とっても幸せ気分でした


水琴窟の水音を聞ける装置(?)
110821_132458.jpg
『耳を当ててみてください。水琴窟の音が聞こえます。』の立て札通り、竹筒に耳を当てると水音が聞こえて涼やかな気分を味わえます。
お部屋で水琴窟の音をお聞きになりたい方はこちらへ。


桔梗屋工場併設のショップで、母へのおみやげ用に定番の巾着袋に入った信玄餅を買いました。

桔梗屋工場敷地内にはアウトレットショップお菓子詰め放題コーナーもあるらしいのですが、そちらは大混雑で外まで並んでいる大行列だったので今回はのぞくこともせず、ショップの方で定価で購入しました。

自分のおやつ用に新発売のかりんとう饅頭を買いたかったのですが、注文してから揚げるので30分以上待たないといけないと言われて諦めました



桔梗屋工場の次には、さとの駅いちのみやに寄って、甲府盆地内産や長野県産の野菜や果物を買いこみました。

御坂産のミニトマトやフルーツトマトはとっても美味しいんですよ。

ホームベーカリーで焼いたパンに塗る用に、笛吹市の農園自家製のジャム(トマト、プラム)も買いました。

今回は買いませんでしたが、さとの駅いちのみやでは、小林農場のお肉やレトルト食品(カレー、シチュー)も売っていましたよ。

売り場の横に、お肉の放射性物質検査の証明書(つくば市の民間の分析センター)が貼ってありました。

検出限界が20Bq/kgとやや高めな印象(公的機関もほとんどがそうですが)の検査ではありましたが、放射性ヨウ素も放射性セシウムも『検出せず』という結果でした。

お値段も想像していたより安かったです



金川の森へ向かい、公園事務所の中で雨が止むのを待ちました。

事務所内には資料(書籍)が置いてあるので、『山梨の食』とか『山梨の伝説』とかを読んで過ごしました。

送り狼や河童の話は、どこの地方にも同じような話が伝えられているものですね。

17時頃にはなんとか雨がやんでくれたので、金川の森森林公園で夕方の犬達の散歩を済ませ、私は温泉で汗を流し、高速道路の渋滞を避けるために夜中に帰途につきました。

私は憧れの水琴茶堂で食事ができましたし、甲斐犬の師匠にいろいろ御相談もできましたし、犬達は三か所もの広い公園での散歩を楽しむことができました(土曜日夕方は私が迷子になったおかげで予定以上にたくさん散歩できましたしww)ので、飼い主も犬達も大満足の保養でした。



甲府盆地の非汚染がいつまでも続きますように・・・。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




甲州銘菓 桔梗信玄餅(8個入り)☆山梨銘菓

甲州銘菓 桔梗信玄餅(8個入り)☆山梨銘菓
価格:1,200円(税込、送料別)


☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

胃カメラのんじゃいました()´д`()

毎年2月と8月に行われる職員健診ですが、オプション検査(胃カメラ、婦人科検診、便潜血)も含め、今日で全ての検査項目を受け終わりました。

いつもは基本健診(身長、体重、血圧、視力、聴力、血液検査、尿検査、胸部単純X線、心電図)しか受けないのですが、今回はいろいろ心配だったのでオプション検査も受けることにしました。

放射線被曝量がこれ以上増えると困るので、造影検査やCTは除外して受けました。



体重は51.7kgと2月の健診時(48.5kg)より少し増えていました。

身長も伸びていた(168cm)ので成長期なんだと思います

(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ


血液検査結果、尿検査はすべて異常なしでした。

ま、『ただちに影響はない』そうですから当然ですが。



婦人科検診、7年ぶりで受けましたが、自動で回る内診台の乗り心地が気持ち悪かったです。

しかも結構痛かった・・・

超音波では異常なさそうとのことでしたが、細胞診の結果が出るまで2週間くらいかかるとのことでまだ結果は聞いていません。



胃カメラは20年以上ぶりでした(造影検査は7年前に1回受けました)。

この暑い時期に前日夜から水分も飲んじゃダメというのが結構きつかったです(喉が渇いたぁ

とても上手な先生にやっていただけたので検査自体の苦痛は少なかったのですが、モニターに写った自分の胃壁が広範囲に赤白ストライプになっていて、ところどころ出血していて大ショックでした。

先生から『ここらへん(赤白ストライプの部分)全部表層性胃炎、ここ(出血している部分)はびらんになってるね、ストレスたまってるの?』と聞かれましたが、カメラのんでる最中なので返事できませんでした(爆)

もちろん仕事でもストレスは感じますが、ここ最近でいちばんのストレスといえば、放射能汚染のために愛犬達を満足に散歩させられず制限された生活を強いていることでしょう。

愛犬達に対して申し訳ないと思ってはいましたが、胃炎やびらんができるほどストレスに感じていたとは・・・。

やっぱり私は犬馬鹿ですね(よく見てください、点がついた馬鹿ですよ~。大馬鹿ではなく犬馬鹿ですよ~~。世間一般的にはどっちでも同じだよ、って言われちゃうのかもしれませんがぁ・・・)。

潰瘍になったり癌化したりしたら困るのですが、ストレスのもとである放射能汚染は個人では取り除きようがないので、対症療法(胃薬の内服)だけ始めました。

飲食物に気をつけたり、除染したりと、お金や労力もかかるようになったうえに立派な健康被害まで被って、本当に東電のおかげでえらい迷惑です



気分直しに・・・

甲州ワインビーフの小林牧場

『福島の原子力発電所の事故以来、食品への放射能汚染が心配されております。
私共の生産現場では、食物の生産と言う意識をしっかり持って安全性の高い牛肉の生産を行っております。
小林牧場で牛に食べさせている飼料は、ワイン粕以外はアメリカを中心とした外国産です。
放射能で汚染された飼料を牛が食べる事はありません。
また、牧場で牛が食べた飼料はすべて弊社のHP内の飼料情報にて公表しています。』


『近頃放射性セシウムが含まれる可能性のある堆肥の生産、流通自粛などと言う事がニュースになっております。
念のため小林牧場の堆肥を分析をした所、放射能は検出されませんでした』


オージービーフではすき焼きやしゃぶしゃぶには向かないなぁと残念に思っていたのですが、この農場産の牛肉なら安心してすき焼きやしゃぶしゃぶもできますね。

今度甲府へ保養へ行った時に直売センターへ行ってみようと思います

赤坂農園のトマトも美味しそうです

胃炎のくせに食欲は一向に減らないもので困ったものですわ(笑)



私の胃に穴があく前に何か希望をもてる
ような動きがありますように・・・
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村




☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

山梨県立博物館(といってもレストランとショップだけww )

 愛犬達の甲府での週末保養も4回目になりました。

今回は台風6号通過後ということで、放射能汚染が甲府盆地まできてしまったのではと危懼していたのですが、線量は0.05μSv/h前後と台風襲来前と変わりありませんでした(よかった

今までは猛暑日ばかりだったので、日中に犬を車に置いたまま離れられないため、私の昼食は家からアイスボックスに入れて持参した食品(おにぎり、自家製パン、バナナ、野菜ジュース、豆乳など)を公園のベンチで犬達のチョーダイチョーダイ攻撃を受けつつ急いで食べるというたいへん味気ないものでしたし、散歩以外の時間は駐車場の日陰部分で窓を全開にして犬達とだらだら寝たり本を読んだりしながら過ごすといういまいちな感じでした。

しかし、今回は、日中から雨がぱらつくなどして気温も低かったので、昼食をレストランで食べることができましたし、散歩以外の時間を(私がww)楽しむことができました

行ったのは山梨県立博物館『キッチン ぶどう畑』です。

『キッチン ぶどう畑』は、山梨県産の旬の素材(笛吹市の石和温泉トマト、山梨市牧丘の玉葱、北杜市白州町のさつま芋、甲斐市黒富士農場の鶏卵、甲州ワインビーフ、北杜市の武川米など)にこだわっているそうで、放射能汚染についても安心なお店だなとチェックしていたのですが、営業時間が11~16時と暑い盛りの時間帯のみのため、なかなか訪店することができませんでした。

今回も、いくら曇天で気温が低いとはいえ、炎天下にしか駐車できないようなら諦めようと思っていましたが、ちょうど大きな木の下で日陰になっている駐車スペースが空いていたのでラッキーでした。


頼んだメニューは
『富士山カレー』と温州みかんジュース

110731_curry.jpg
素揚げしたパプリカ、ズッキーニ、じゃがいも、かぼちゃ、にんじんが添えられた十六穀米(白米とどちらか選択可)にカレールウが別添されています。

カレールウには形がわかるような大きさの具は入っていません。

犬達を積んだ車から長時間離れているのは心配だったので手早く食べられるカレーにしたのですが、とても美味しかったです。

具が入ったカレーを冷凍保存すると、具の野菜がカスカスした感じになってしまって美味しくないのですが、こういう風に野菜を別添する形なら問題解決ですね。

ルウだけ大量に作って小分け冷凍しておいて、食べる時に肉や野菜を素揚げするか炒めて添えれば、美味しい上に見た目もおしゃれなので、是非うちでも真似しようと思いました。

富士山カレー850円、温州みかんジュース150円(単独だと300円)。

レストランは総ガラス張りで、お庭と池が見えて素敵な感じです。

外のテラス席で食べることもできるそうです。

食事を終えて一度駐車場へ様子を見に行きましたが、車内は外気と同様涼しいままだったので、博物館へ引き返してスーベニアショップものぞいてみました。


『オオカミがいた山』展のパンフ(復刻版)
110731_wolf.jpg
平成19年2月6日~3月18日の企画展のパンフです。
人気があるので復刻して販売しているそうです。
もちろん即購入しました。200円でした。
オールカラー、表紙を含めて全8頁です。
表紙は、笛吹市御坂町の民家に伝わるニホンオオカミの頭骨だそうです。


甲斐犬関係の書籍やグッズを売っているのではと期待していたのですが皆無でした

レストランとショップの利用だけなら入館料(大人500円)は不要です。

犬を車の中に長時間置いておいても大丈夫な季節になったら、是非本館内も見学してみたいです。




昼食を終えて、金川の森森林公園へ戻りました。

金川の森森林公園の事務所内には、山梨県に関連した書籍コーナーがあったり、山梨県内の水生生物を集めたミニ水族館、山梨県の野生動物の剥製などが展示されたりしています。


110731_aquarium.jpg

110731_bear.jpg

110731_deer.jpg

110731_wildboar.jpg

110731_pheasant.jpg




さりげなく置いてある木の切り株ですが・・・
110731_cypress_1.jpg



なんと
110731_cypress_2.jpg
富士山が最後に噴火した頃に生えたものなのだそうです。


公園内には沢山の屋外トイレが設けてありますが、やはり事務所内にある屋内トイレが一番きれいで気持ちよく使えます(ハンドソープも鏡も設置してある)。

ただし、事務所も事務所前の駐車場も午前9時~午後6時(季節により変動)しか開いていないので、早朝や夕方遅くに公園を利用する場合には他の駐車場と屋外トイレのみしか使えません。



夕立が降る前の涼風を楽しむ月
110731_tsuki.jpg
私の腕にかけた前足が可愛いでしょう?
こういう表情をしていれば顔も可愛いのに・・・。



同じく福
110731_fuku.jpg
子供が池の鯉にあげている餌にロックオン中(笑)

甲府では、小さな子供達が水遊びしたり腐葉土をかきわけて虫取りしたりしているのを眺めても穏やかな気持ちでいられるのでよいです(うちの近所で同じ事をしているのを見たら心配でストレスたまっちゃいますから

涼しかったおかげで、朝と夕の2回だけではなく、雨の合間をぬって合計5~6回/日も散歩できて、月も福も満足そうでした

私も、足は筋肉痛になったものの、行きたかったレストランにも行けましたし、犬達が疲れるまで散歩させることができて大満足でした

甲府での保養にもだいぶ慣れて来て、一日を有効に楽しく、いかにも『保養』という感じになってきました。

犬達についても、放射線被曝から逃れていっぱい散歩できるという他に、人が(大人も子供も)たくさん集まって拡声器でアナウンスが時々入る場所で過ごすことは展覧会の場馴らしにもなりそうなので、よい感じです。

東京電力の福島第一原発事故による放射能汚染についてはいろいろ腹がたつことも困ることも多いですが、こうして個人が労力やお金を使って自衛(身体的な防御だけではなく、わずかな楽しみでも見つけて心も護る)していくしかないのでしょうから、せいぜい頑張りたいと思います。




H23.7.27 衆院厚労委員会:児玉龍彦参考人
何回か削除されているので、そのたびにリンクし直しています。
民主党政府は、政府や東電に不利な情報が流されていないか、8000万円もの予算を組んでツイッターやYou tubeを監視中だそうです。
そんな労力と人手とお金があったら線量計を増産したり測定者を増やしたりすればいいのに。





避難区域から約1万頭が県外へと移動
福島避難区域の豚1万頭は「他県産」化けて全国の食卓へ(宮崎日日新聞)

2011年04月23日という古い日付のニュースです。
7月にも、熊本で福島県から受け入れた豚を解体したところセシウムが検出されたという報道がありました。
セシウム牛の問題が出て、豚や鶏は大丈夫なのか?という話になりましたが、とっくの昔に豚や鶏もダメだったようです。
はるばる福島から九州まで被爆した豚を運んだんですねぇ・・・。

○○県産なんていう表示は、肉も魚もあてにならないということです。
ですから、これからは産地表示ではなくベクレル表示にしてもらいたいです。
民主党政府がテキトーに決めたゆるゆる基準値以上か以下かではなく、数値ではっきり表示しないかぎりは誰も国産の畜産物を買わなくなってしまいます。
そして、誰も買わない汚染食材は、学校給食や病院食などで強制的に消費させられるのでしょう。
以前のブログで御紹介した中央区の保育園の例のように・・・。

次は米でしょう。
主食ですから、野菜や肉・魚とは食べる量が違うだけに適正な基準値の設定が望まれますが、現政府にはあまり期待できそうにありません。
おそらく基準値は野菜と同等、しかも検査もろくにしないで出荷することでしょう。
基準値を超える汚染が発見されたとしても、牛乳と同様、汚染米と非汚染米をブレンドするか産地偽装して出荷させ続けることでしょう。

児玉龍彦先生も熱弁されていらしたように、パニックを避けて冷静に対応できるためには、根拠となる正確な測定値が不可欠です。
『国民の生活第一』といいつつ、民主党が第一に考えているのは、国民ではなく政治家&高級官僚&東電であることは今までの経緯より明らかです。

国民(しかも地方国民)なんてどうなってもかまわないというヒト以下の扱いであることがよくわかりましたが、
ヒト以下と言われた私たちも『一寸の虫にも五分の魂』で負けずに自衛していかなければなりません。
そのためには、いままでのような『暫定基準値以上』『暫定基準値以下』だけではなく、以前から要求しているように個別に出荷時ベクレルを表示してほしいです。
ヒト以下の私たち地方民でも、正確な数値さえ教えてもらえれば冷静に判断して行動できますから。


自分にできることをするしかないですが・・・
自分のためにすることが他人のためにもなる、
そういう生き方をしたいです。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村
☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
QRコード
QRコード
検索フォーム
おすすめ♪


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

GREEN DOG



DHCオンラインショップ



書籍の検索♪
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。