久々のドッグラン(金川の森)♪

秋の愛護会展からもう2週間が経っちゃいました。

先週末は仕事が入っていたので、2週間ぶりの甲府盆地保養です。

つくばではほとんどの街路樹が紅葉していますが、甲府盆地ではまだ緑の方が目立っていました。

気温も高めの小春日和の週末でした。



久しぶりに金川の森ドッグランへ行きました。


ちょうどお昼時だったせいか、うちの他には利用者はいなくて貸し切り状態でした



月はさっそく柵の外を警戒中
111113_tsuki_1.jpg





一方・・・
111113_fuku_1.jpg
りゅうママ曰く『自由人』の福は、警戒仕事は月に全面的にお任せ♪
で、るんたった~っとスキップしていました(笑)





何かをあさっている月と福
111113_tsuki_fuku_1.jpg




何をあさっているのかなぁ???と思ってみてみたら、赤い木の実でした。



こんなのがたわわに実ってました
111113_kinomi.jpg
大きさはアメリカンチェリーくらいで、果肉は白かったです。
食べても大丈夫な木の実なのか心配でしたが、月も福もくわえはするものの食べはしませんでした。




(かつて)完璧美少女と言ってもらえた福
111113-_fuku_3.jpg
美少女→美女に成長できているでしょうか?
『よだれ』が惜しまれますが(爆)






早くもお護り犬と化した月
111113_tsuki_2.jpg
せっかくドッグランにきたのに、しかも私達の他には誰もいないのに(笑)私の側から離れようとしません。
考えてみれば月ももう6歳・・・おこちゃま福の遊び(しかも福はけっこうしつこいのでww)にはつきあってられないというのもあったのでしょうね。




なんちゃってお護り中の福
111113_fuku_3.jpg
ヨダレは拭きました(笑)
私の側にはいますが、意識はあさっての方向に向いています(爆)
やっぱ『自由人』なのかも・・・o(_ _ )






里の駅いちのみやで出会った『さくらちゃん』
111113_sakura.jpg
笑顔が可愛いお嬢さんでした。
塩山のさくらんぼ農園の出身だそうです。
ということは、ドッグラン仲間の信玄と同じお里なのでしょうね。




金川の森では、甲斐犬を連れたご年配の御夫妻とときどきすれ違うのですが、今回、奥様に月と福をナデナデしていただきました。

『喧嘩しないんだねぇ』『おとなしいんだねぇ』と感心されていました。

うちの甲斐犬はみんな血縁(甲斐=魔切虎梅姫の直系)ですし、産まれた時から一緒にいますので、たしかに小競り合いはあっても大げんかというのはないです。

しかし、『おとなしい』という言葉が、某Tさんにあてはまるかどうかは・・・(笑)

まあ、さすがに人間相手には乱暴しませんけれども。



ということで、今回は、2頭の甲斐犬と行き会えて嬉しかったです。

柴犬を連れたおじさんに『それ、何犬?』って聞かれたのがちょっとだったくらいで、あとは、お天気にも恵まれて楽しい保養でした。



甲斐犬飼いがもっと増えますように!!
のぽちっをお願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村



山梨県森林公園「金川の森」

里の駅いちのみや

☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

第134回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会(月&福編)

 前回の春の本部展(第133回展)では、震災直後の物資(ガソリン)不足と東京電力福島第一原子力発電所の事故による広域放射能汚染の中、電車で出陳という強行軍に果敢にチャレンジしましたが玉砕しました(七番目だったので惜しかったのですが)。

現在、物資の流通は完全に回復していますが、失敗ばかりしている東京電力と無策の民主党政府のせいで放射能汚染は已然として続いたままなので、うちの犬達は室内とサンルーム内でのみ過ごしており、散歩らしい散歩は甲府盆地へ行った時のみしかさせていません。

地元茨城も含めて、関東近県(栃木、群馬、埼玉、千葉、東京)が広域に放射能汚染されていることから、日保の展覧会の見学も甲府盆地内で開催された山梨展にお邪魔しただけで場馴らしもほとんどできませんでした。

そういう現状であることから、いつでもどこでもどんなときでも気迫満々で立ち込む月の参考犬はいいとして、福を成犬の部へのエントリーするかどうかとても迷いました。

しかし、3月の大震災と、引き続いて起きた原発事故の被害を受け、『世の中、いつ何が起きるかわからない』ということが身にしみたので、出せる時には出そうと思い切りました。

出すからには、気持ちだけでも今まで通り一席を目指して頑張ろうと思いました。



受付を済ませ、もらった出陳目録を見たら、成犬牝の部の出陳頭数は19頭といつもよりやや少なめでしたが、父犬名・母犬名の欄には総合優良犬の名がずらりと並んでおり、両親犬に賞歴がないのはうちの福くらい(しかもまやすけの名前は間違えられてるし)でした。

出陳番号42番とか超不吉だし(笑)

出陳目録を見た途端、『気持ちだけでも一席を目指して頑張ろう』という殊勝な気持ちは早々と萎えてきたのでした(笑)



午後から雨になるという天気予報だったので、定時より少し早く審査が開始されました。

成犬牝の部での順番が2番目の福は、最初から予備リングで待機です。


予備リングで待機中の福
111030_fuku_kotai_1.jpg
111030_fuku_kotai_2.jpg
福は私の水晶ブレスレットをカジカジして集中力を高めています(?)



他の部門では審査が開始されていますが、成犬牝の1番目の犬がリング入りしません。



私『1番目の犬、遅いねぇ』
福『ほんとでしゅねぇ』

111030_fuku_kotai_3.jpg
得意の『マユをひそめた表情』をしている福です(笑)



マイクで呼び出しがかかりましたが、それでも1番目の犬は現れません。

こうして、福はまたしても未成犬の部に出た時と同じく、急遽一番目に審査を受けることになりました。



私『さ、福、がんばるよ』
福『わかりまちた(←ほんとか?)』

111030_fuku_kotai_6.jpg
勢い良く予備リングを出て本リングへと入ります。




『先生はいいひとでしゅか?』
111030_fuku_kotai_7.jpg
期待に満ちた目で審査員の先生を見つめて立ち込む福。
お、これはいい調子かも・・・。
ちなみに、福にとっての『いいひと』とはおやつをくれる人のことです。



と、思ったら・・・


『先生が見てない時は立ち込みしなくてもいいのでしゅ』
111030_fuku_kotai_9.jpg
先生がメモを書き始めると私に飛びついてじゃれてきます。



先生が福に目を向けると・・・
111030_fuku_kotai_10.jpg
ビシッと立ち込みます。



先生がメモを書き始めると・・・
111030_fuku_kotai_16.jpg
飛びついてきます。


まるで『だるまさんがころんだ』でした。

いつどこで誰から『先生が見てない時は気を抜いてもいい』なんてこと教わったんでしょーか

おりゅうさんと山徒には1年以上会っていないんですが・・・(笑)


しばらく、とても上手に『だるまさんがころんだ(←違うww)』をしていた福でしたが・・・。



とうとう抱きついてるところを先生に見られちゃいました
111030_fuku_kotai_8.jpg





その後、心を入れ替えてちゃんと立ち込む福
111030_fuku_kotai_11.jpg
111030_fuku_kotai_12.jpg
111030_fuku_kotai_13.jpg





歩様の審査を受ける福
111030_fuku_kotai_14.jpg
『いいひとをさがしにいくでしゅか?』
そろそろ審査員の先生に見切りをつけはじめた(爆)かも・・・



歯牙と噛み合わせの審査を受ける福
111030_fuku_kotai_15.jpg
『いやでしゅ、おやつもらうとき以外は口は開けないでしゅ』
私は(犬の)口を開けるのは結構得意なのですが、ちょっと手こずりました。
やっぱり、福に気づかれたか(←何を?)


改心の出来とはいきませんでしたが、思ったより無難に個体審査を終えられました。

他の犬と合わせればきりっと立ち込むことはわかっているので、個体審査を無難にクリアできて少しほっとしました。



午後の天候に配慮して、普段は昼食休憩後に行われる参考犬披露が異例の11時台に行われました。


後からリング入りしてきた『榛名の英心号』に
向かって張り切る月

111030_tsuki_1.jpg
『榛名の英心号』を御存知の方には月の無茶ぶりがよくおわかりと思います。
ちょうど月の名前がコールされて手をあげている時のことでしたので、片手で月を制御するのが結構大変でした。
後ろに写っている大量の白い袋は配布前のお弁当です。




参考犬5頭中唯一の牝だった月
111030_tsuki_3.jpg
リング内で尾を下げたことが一度もない火の玉姐さんです。




手が届かなかった大優勝旗の前で立ち込む月
111030_tsuki_2.jpg



取材にきていた『Shi-Ba』のカメラマンさんが、参考犬を一頭づつ個別に撮影してくれました。

月の写真がボツにならず掲載してもらえますように・・・。



昼食は、黒狼パパさん特製の豚汁、雅&龍の母さん特製のおいなりさんを御馳走になりました。

いつもいつも御馳走になるばかりで申し訳ありません。

とても美味しかったです、御馳走様でした。




さて、いよいよ午後の総合審査。

成犬牝の部の審査が始まる頃には雨がぱらぱらと降り始めていました。

福は第一グループにピックアップしていただけました。

早々と暫定一席に選ばれたのは、オセロの母さん&ポンちゃん(忠郷の宝姫号)ペアでした。

福は暫定三席に並べられました。

四席以下は何頭か入れ替えがあったようですが、上位三頭は入れ替えなく結審しました。

総合優良犬の部へのチャレンジ権は獲得できませんでしたが、成犬の部で堂々の上位入賞です。

リングで『だるまさんがころんだ』遊びをするようなお子ちゃま福なので、正直なところ入賞できれば御の字と思っていたので(とはいえ、審査中は例によって血が騒ぐのでwwなんとか上席と入れ替えてもらおうとあれこれもがいていましたが)この結果には大満足です。


オセロの母さん&ポンちゃん、作出犬舎の忠郷犬舎のYさん、おめでとうございました



結審後、入賞犬の順位と名前がコールされています
111030_fuku_00.jpg
すでに気を抜いて耳間ひらきっぱなしの福(笑)


表彰式の時、『彩の国井上荘』のIさんが、福の出陳番号について、『42を「シニ(死に)」って読んじゃいけないんだよ、「ヨニ(世に)出る」って読むんだよ。うちは結婚記念日4月2日だから』って教えてくださいました。

番号通り世に出られて(上位入賞できて)よかったです。



順位がつくものなので勝てば嬉しく負ければ悔しいのは当然ですが、勝ち負け以上に、展覧会場で先輩方や犬友達と親睦を深め、自信の犬を披露して競い合えるという喜びの方が大きいですし、競い合う中でまた仲間が増えていくのが何よりの喜びです。

私が甲斐犬という素晴らしい犬と共に暮らすことができるのも、自信の犬で競い合う展覧会という場を与えて頂けるのも、70年以上にわたって甲斐犬を護り保存して下さった甲斐犬愛護会と愛護会を支えている会員の皆様のおかげです。

御指導・御声援に心より感謝申し上げるとともに、甲斐犬愛護会の益々の御発展を愛護会員の末席よりお祈り申し上げております。



最後になりましたが、掲載した月と福の写真は、ねこたさんと雅&龍の母さんが撮ってくださったものです。

いつもありがとうございます。



甲斐犬好きの方、ぽちっと
おねがいいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村





『彩の国井上荘』の取材記事が掲載されている号です
☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

第134回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会(犬友編)

2011年10月30日(日) 曇りときどき雨という天候のもと、第134回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会が開催されました。

春の展覧会は大震災直後ということで参加を自粛(参加費用分を義援金として寄付されたそうです)されていた黒狼パパ&ママさん家、雅&龍の母さん家にも1年ぶりに参加されるとのことで、お会いできるのをとても楽しみにしておりました。


今回の我が家からの出陳は

成犬牝の部に福(紫峰の福寿姫号)
参考犬の部に月(紫峰の月影姫号)

ですが、とりあえず我が家の犬のことはさておき、まずは、犬友達の御愛犬の勇姿を御紹介したいと思います。



雅&龍の母さん家の月影丸
(紫峰の月影丸号:当犬舎作出)
111030_tsukikagemaru_1.jpg
個体審査を受けています。
成犬牡の部に出陳です。
今回の成犬牡の部は、38頭というかつてない出陳頭数の大激戦区となっていました。



雅&龍の母さん家の月影丸
(紫峰の月影丸号:当犬舎作出)
111030_tsukikagemaru_3.jpg
個体審査を受けています。
1年ぶりに会えた月影丸、いい面構え、筋肉質の力強い体躯、曇天下でも鮮明な美しい虎毛です。



雅&龍の母さん家の月影丸
(紫峰の月影丸号:当犬舎作出)
111030_tsukikagemaru_2.jpg
個体審査を受けています。
歯牙と噛み合わせのチェックもスムースにクリア。
地域差による換毛期のズレはどうしようもないことなのですが、そこだけが惜しまれました。




山形甲斐パパさんちの神威号
111030_kamui.jpg
もんちゃん&月影丸兄弟と一緒にデビューした同期の子です。
月影丸と同じく成犬牡の38頭のうちの1頭です。
山形ではちょうど良い時期に換毛したそうで、自慢の赤虎毛は更に鮮やかになっていました。
そして未成犬の頃から目を引いていた見事な立ち姿です。



雅&龍の母さん家の桃ちゃん
(雅ノ桃虎姫号)

111030_momo_1.jpg
個体審査を受けています。
桃ちゃんは虎捺ちんの仔で、我が家の福とは異母姉妹になります。
未成犬とは思えない落ち着いたリング態度です。



すずめさんちのボクちゃんズ
111030_boku_1.jpg
111030_boku_2.jpg
午後の総合審査を受けています。
いつも激戦区(今回は成犬牡に及びませんでしたが)の壮犬牡の部に出陳です。
上の写真の真ん中の子が五風丸号、下の写真が六花王号です。
すずめさんが牡を引くのを初めて拝見しました。
さすがのハンドリング技術で勉強になりました。



雅&龍の母さん家の月影丸
(紫峰の月影丸号:当犬舎作出)
111030_tsukikagemaru_4.jpg
小雨降る中、午後の総合審査を受けています。
両隣の成犬牡を威圧する堂々とした力強い立ち込みです。



犬友達の審査結果ですが、

雅&龍の母さん犬家の桃ちゃんが未成犬牝の部五席入賞

デビュー戦で見事入賞を果たしました。

初作出犬での入賞、しかもお預かり犬での入賞は本当に快挙と思います。

おめでとうございました



月影丸は今回も入賞なりませんでしたが、大切に可愛がって育成してくださっている様子がよくわかる良い犬っぷりで、父さんとの呼吸も出陳を重ねる毎に良い感じに合ってきていると思いました。

作出犬舎としては感謝の気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。



我が家の犬達の審査風景については、ねこたさんと雅&龍の母さんが写真を撮って送ってくださったので(いつもありがとうございます m(_ _)m )整理できたら御報告したいと思います。



そうそう、雑誌『Shi-Ba』が展覧会を取材にきていました。

開会式から閉会式まで一日かけてじっくり取材されていました。

参考犬に出した月は、プロカメラマンの方に個別に立ち込み姿を撮っていただきました(掲載されますように!)。

もし月の写真が掲載された『Shi-Ba』が発売されたら、何十冊も買い込んでしまいそうな自分が想像できてこわいです(笑)

『彩の国井上荘』のIさんの御紹介で、ライターさん(可愛らしい女性の方)からお名刺をいただけました。

お話をうかがっていたら、ツイッターでフォローしていただいている方だと判明。

甲斐犬の世界は狭いですね。



そんなこんなで、第134回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会(つくば虎梅荘編)につづきます。


みんな頑張りましたで賞!の
ぽちっをお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村




『彩の国井上荘』の取材記事が掲載されている号です
☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
QRコード
QRコード
検索フォーム
おすすめ♪


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

GREEN DOG



DHCオンラインショップ



書籍の検索♪
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。