Mission possible 2(Gのとまどい)

 前回の記事で謎の登場をしたG。

ドナドナよろしく運転手つきの高速大容量車で連れてこられたG。

その後のGは、運転手かと思っていたら実はmissionの依頼者だったSの家で、mission遂行に向けて英気を養っていたのでした。

ある日、Gは、Sから『missionの協力者を紹介する』と言われ、またもやSの運転する高速大容量車に積まれ、協力者が待つ金川の森ドッグランへと向かったのでした。

小雨が降る曇天だったため、ドッグランには他に利用者はおらず、極秘missionの協力者との顔合わせには好適な条件だったのでした。




G『Gと申しますが、Fさんでしゅか?』

丁寧に挨拶する年長のGを完全無視する失礼なF。
依頼者のSによると、GとFは親子ほどの年の差があるのだとか。



G『協力者だって紹介されたんでしゅが、おかしいでしゅねぇ・・・』

G『Sさん、Sさん、もしかちて、ひとちがいでしたか?』

S『いや、間違いなくあれが協力者のFだよ』

S『ちゃんと協力者とコンタクトとってね』

G『・・・難しそうでしゅが、やってみましゅ』




G『一緒にお仕事するからには仲良くしましょうよ~』

テンション高く仲良くしたがるG。
対するは、無視するどころか怒って追い払おうとするF。


協力者の自覚0のFの態度にとまどうGなのでした。

ちなみに、Gは本家Gのように撮影されることを嫌うので、この動画はSが命がけで秘密裏に撮影した貴重な映像です。


果たしてGの正体は?

そして協力者(?)Fとは?

さらに、こんな調子で果たして極秘missionは達成できるのか???




困っているGと困らせているFに
激励のぽちっをお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

【ご案内】第135回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会

第135回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会が下記の如く開催されます。


日時: 平成24年4月1日(日)午前9時審査開始
場所: 山梨県韮崎市釜無川(旧富士川)河川公園広場



天然記念物指定甲斐犬愛護会会報掲載写真
kaihou_tsukikage_130.jpg



出陳は、
甲斐犬愛護会登録の犬であること
所有者が甲斐犬愛護会会員であること
事前に出陳申込を済ませていること
が必要ですが、見学には特に資格も費用も必要ありません。

出陳犬だけで150頭近い甲斐犬が一堂に集まる様は圧巻です。
甲斐犬にご興味がおありの方は、是非是非お運びくださいませ。
マナーをお守りいただければ、御愛犬連れの見学も大歓迎です。

河川公園広場という名称ではありますが、リング近くにはベンチなどは一切ありません。
じっくり審査を御覧になりたい方はチェア(イスパックが便利ですよ♪)をお持ちになった方がよいでしょう。
また、会場から歩いていけるところにはコンビニや自動販売機がありません。
出陳1頭につき1個のお弁当が本部より配布されますが、出陳者の御家族や見学の方は、飲み物や食べ物を御準備されることをお勧めします。
トイレは、本部テント脇に簡易トイレが2基設置されます。


会場で皆様にお会いできるのを楽しみにいたしております。



会場案内(クリックで拡大します)

【愛護会会報掲載の地図】
kamanashigawa_map2.jpg


【ルートイン韮崎提供の地図】
kamanasigawa_map.jpg



審査方法、過去の展覧会レポードなどは【甲斐のホームページ(甲斐犬愛護会展覧会)】および【つくば虎梅荘(甲斐犬:展覧会)】を御参照ください♪




甲斐犬好きの方、ぽちっとお願いいたします♪
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



楽天トラベル株式会社

 ○イスパック・S(バーガンディ×カーキ)

 ○イスパック・S(バーガンディ×カーキ)
価格:5,376円(税込、送料別)


☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

Mission possible 1(Gが来る!)

Gに与えられたmissionは、ドナドナのテーマ曲から始まりました。


あ~る雨のひ~るさがり、生家へつづ~く道~


Gは、ある重要な任務を果たすため、荷馬車ならぬ運転手付きの高速大容量車に乗せられ、雨の中、常磐高速を南へ向かって走りました。


Gとは一体何者なのでしょう?

そして、彼に与えられた重要なmissionとは?



つづく・・・





みなしご救援隊 グッズ販売

昨年の明日、3.11に起きた東日本大震災。

大地震と津波にひきつづいて起きた東京電力福島第一原発事故による深刻な放射能汚染。

みなしご救援隊が、福島第一原発から半径20km以内の警戒区域内に置き去りにされた動物達を救出し続けた模様を記録した写真集『鼓動』もこちらで購入できます。

くまのぱぱさんもみなしご救援隊が救出した柴犬のまつを一時預かり保護されていますが、『鼓動』には、くまぱぱ家の黒犬(甲斐犬)達に囲まれて仲良く暮らしているまつの写真も掲載されているそうです。

詳細については、りゅうママさんのブログねこたさんのブログを御覧くださいませ。





ヒント1:Gはデューク東郷ではありません
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村




↓はお高いので(笑)ごはんとしてではなく、ごほうびのおやつにしています

☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
QRコード
QRコード
検索フォーム
おすすめ♪


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

GREEN DOG



DHCオンラインショップ



書籍の検索♪
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。