白州・尾白の森親水公園べるが(北杜市)♪

夏休みの行楽シリーズ第2弾です U^ェ^U

名水で有名な、白州・尾白の森親水公園べるが(北杜市)に遊びに行きました。

べるがは、北杜市にある『森で遊ぼうエリア』『尾白川エリア』『水の遊び場エリア』『温泉・休憩エリア』『水の遊び場エリア』『宿泊・研修エリア』からなる広大な公園です。

以下、べるがのリーフレットの紹介文です。

********************

 名水・森・人をテーマとした白州・尾白の森名水公園(べるが)は、水や森と生き生きとふれあう発見型自然公園。
総面積約20haの広大な敷地の中には、名水百選の水の形態に触れる「水の庭園」「親水池」、森の生態に入り込む「散策路」、森や川の歴史を学ぶ「展示館」など、工夫を凝らした施設がたくさん。
 例えば、森の展示館から外へ続く「森の回廊」は高さ5m。
鳥やリスたちと同じ視点から森を観察できます。
また、森のイベント広場、森のレストラン、研修・宿泊施設も供え、ライブコンサートなどのイベントには町内外から大勢の人が訪れています。
 自然とのふれあいを楽しんだ後は、自慢の超高濃度源泉微温浴が体験できる「尾白の湯」でごゆっくりおくつろぎください。
 ここは、「都市との交流」「森林文化を学ぶ健康の森」「名水を汲む名水の森」「イベントの拠点」といういくつもの役割を持っています。

********************




甲府ではまだ日中は暑いのですが、さすが白州、晴天だったのにも関らず日向が恋しいくらいの涼しさでした。

中央高速須玉インターを降りて12km、途中、旧甲州街道(※)の石碑や、黄金色に輝く天日干し中の武川米を眺めながらドライブを楽しみました。

※甲州街道というくらいなので、もともと甲州街道の終点は甲府でしたが、慶長15年(1610)、甲府から長野下諏訪まで延長されて中山道に接続されました。

ナビ様の誘導にしたがって最後の左折をすると、車で渡っても大丈夫なの?と心配になる木製の橋があり、心配しつつも橋を渡って進んでいくと料金所がありました。

入園料は大人200円、この200円は園内の施設(レストラン、温泉)を利用すると割り引いてもらえます。

料金所でお金を払う時に月が吠えたので、私が何も言わないうちに『犬連れのお客さまへ』という注意書きのパンフレットを渡されました (⌒_⌒;

パンフレットによると・・・。

水場(尾白川えん堤、親水広場)、温泉、宿泊施設以外は犬連れ可で、レストランも灯鳥(potori)のテラス席は犬連れ可です。

『森で遊ぼうエリア』には、森の散策路を犬と散歩でき、料金所のすぐ向かいにドッグラン(無料)もあります。

気温が高かったり、駐車場に日陰がなかったら、テラス席で犬連れランチを覚悟(笑)していたのですが、幸い、気温は低く、駐車場には大きな木陰がありました。

昼食の間、犬達を車内でお留守番させても大丈夫かどうか、木陰に停車して、ウィンドーグリルをとりつけて窓を開け、しばらく人間も一緒に車内で様子をみていました。

熱いどころかむしろ肌寒いくらいで、犬達も口を閉じて呼吸していたので、太陽が移動しても車上の影がなくならないか方角を確認後、人間だけでレストラン灯鳥(potori)へ。


灯鳥(potori)はオーガニックレストランで、食材は白州で有機栽培・飼育されたものを使用しているそうです。

土・日・祝日はビュッフェスタイル(バイキング)オンリーだそうですが、平日はランチメニュー(おまかせきまぐれランチ、旬のやさいのスープ蒸しセット、豆とやさいのカレー)や単品料理から選ぶことができます。

私達は、おまかせきまぐれランチをいただきました。


おまかせきまぐれランチ
120927_menu.jpg

120927_lunch.jpg

御飯は、黒米か玄米か選ぶことができ、私達は黒米にしました。

お料理はどれも素材の味を大切にしたシンプルな味付けで、滋味あふれる、という言葉がぴったりでした。


各テーブルに置いてくれるお水
120927_water.jpg

さすが名水公園内のレストランで、お水はとても美味しく、すいすい入ってくる感じでした。

深い青のボトルも素敵でしょう?



食事を終えて車に戻ると、犬達は熟睡していました。

外から、声をかけると、月と福は飛び起きて『出番でしゅか?』と張り切り出しました。

甲斐は、ぼーっと目だけ開けて寝ぼけ気味でした(笑)。

ドアを開けて車内の温度を確認しましたが、外気温と同じだったので安心しました。

犬達を車から降ろし、ドッグランへ向かいました。



ドッグラン全景
120927_dogrun_1.jpg

200坪くらいでしょうか、そんなに広くはないですが、シーソーと三角板の犬用遊具と人間用ベンチが備え付けられています。

周りが林なので、とても気持ちがよいドッグランでした。


リードを放すと、さっそく走り回る犬達。



とは、いっても、邪悪老犬の甲斐はもう走りません。

その代わり、といってはなんですが、月が珍しく狂ったように走り回っていました。

朝の散歩のとき、猫と一戦交えた興奮がまださめていなかったのかもしれません。


よその犬がいなかったので、オモチャを出してやりました。

さっそく福がくわえて持っていきました。

福がもっているオモチャがほしい月でしたが、力づくで奪い取ると私に叱られると思っている月は、オモチャが欲しい衝動を走り狂うことで発散していたみたいです。





しばらくそうしているうちに、力づくで奪おうとしても叱られないと気づいた月は、カシアス・クレイばりにヒットアンドアウェイをくりかえして福からオモチャを奪おうとしはじめました。
アウェイは、そこまで離れなくても(笑)という感じですが、ヒットは猟犬種らしく執拗に相手の後ろ足を狙っていました。






オモチャを奪って満足な月
120927_dogrun_tsuki.jpg


ドッグランで1時間くらい遊んだ後、『森の散策路』へ散歩に行きました。

『森の散策路』は、1周約1キロの林道だそうなのですが、入口(スタート地点)が非常に分かり難い場所にありました。

しばらく公園地図片手にうろうろしましたが入口を見つけられず、結局、料金所で尋ねたのですが、尋ねなければ絶対にわからないところが入口でした(ー△ー;)

入口さえわかれば、『森の散策路』は松やヒノキ、スギの林道で、途中から尾白川のせせらぎが聞こえてくる、とても素敵な散歩コースでした。

120927_rindo_1.jpg

120927_rindo_2.jpg

120927_rindo_3.jpg

人間だけの時には、散策路の途中に『尾白川えん堤』があり、水遊びも楽しめるようです。

犬達も、涼しい林道で、あちこちから小鳥などの生き物の気配を感じながら張り切って歩いていました。

散策路の最後のところの木に『熊の出没が確認されています。早朝や日暮れ時には注意してください』という貼り紙が・・・。

注意してくださいっていわれても・・・(((((( ;゚Д゚)))))



散策終了後、犬達に水を飲ませ、いったん車に収容。

ちょうど、お三時だったので、人間達は再び灯鳥(potori)でケーキとコーヒーを楽しむことにしました。


黒いちじくとピンクペッパーのチョコレートケーキ
オーガニックアイスコーヒー(シロップまで有機栽培!

120927_cake.jpg

ケーキは、乳・卵不使用なのでアレルギーの方も召し上がれるそうです。

ザッハトルテに近いずっしりした質量を感じるケーキでした。

今度は杏仁豆腐を頼もう♪



人間達のお茶の後、夕方まで犬達をドッグランで遊ばせ、その後、温泉に移動しました。

熊出没の貼り紙が怖かったので、車ごと温泉駐車場(森の駐車場は貼り紙のすぐ近く。温泉駐車場は500mほど離れている)へ移動。



温泉の隣にある『親水広場』
120927_shinsuihiroba.jpg

夏限定のバーベキューレストランは、親水広場にあるみたいです。

ちなみに、犬は水には入れませんが、親水広場には連れて入れます。



人間が楽しみにしていた温泉
120927_ojironoyu.jpg


べるがのリーフレットの説明文

********************

 『天然の温泉は、悠久の大地の語りべである。「甲斐駒ケ岳温泉」は、プレート運動による大地変動のドラマを物語る名湯である』(大月短期大学(地球科学)名誉教授 田中 収)

 東に秩父多摩甲斐国立公園の主峰・金峰山、正面北西には八ヶ岳中信高原国定公園の八ヶ岳連峰、そして背後には南アルプス国立公園の秀峰・甲斐駒ケ岳・鋸岳を配する絶好のロケーションに位置する甲斐駒ヶ岳温泉「尾白の湯」は、その最高の眺望とともに泉質も超一級です。
 尾白川河岸の地下深くより湧き出でる超高濃度の温泉は、多様なミネラルを豊富に含み、疲労回復・温泉効果等による総合的生体調整作用効果が期待できます。
 都会の喧噪を離れ、しばし極上の温泉での最高のリラックスをお楽しみ下さい。

********************



山梨県内の他の市営温泉と同様、北杜市民は300円、他は700円で入湯できます。

入園料200円のレシートを提示すれば(渡せば)、上記入湯料から200円を割り引いてくれます。

北杜市民だったら、毎日犬と一緒に通ってしまいそうです(水曜日は定休)。

他の市営温泉と同じく、ボディソープとリンスインシャンプーは備え付けられていますが、浴用タオルやバスタオルは持参しないといけません。

ボディソープで洗顔するのはちょっと・・・という方は、洗顔フォームも持参しないといけません。

女湯更衣室にはイオンドライヤーが備え付けられており、オールインワンクリームの試供品も置いてありました。

男湯は見ていないので、どのような備品があるかわかりません。

お風呂は、打たせ湯、名水ジャグジー湯、寝湯(正面に八ヶ岳が見える)、サウナ、露天風呂(名水泉、源泉)がありました。

源泉は、赤土の泥水のような色で、海浜の砂を掘った時のような匂いがしました。

38度の微温浴なので、ゆっくりと浸かっていられます。

浸かっているうちに、ふと唇の周りを舐めたら、えらくしょっぱかったです(甲州弁で「しょっぱい」は、塩辛いという意味ではなく、しょぼい、という意味なのですが、この場合は塩辛いの意)。

海浜の砂を掘った時の匂いがするはずだと思いました。

超高濃度というだけあり、各温泉成分は温泉法で定められた濃度下限の30倍だそうです。

温泉のタイプとしては「有馬温泉」型とのことでした。


ゆっくり温まり、身体についた塩分をあがり湯でよく洗い流してから、いったん上がりました。

ラウンジでは、名水を飲めます(温泉は成分が濃すぎて飲用できない)。

120927_meisui.jpg

湯上がりだと、いくらでも飲めそうな美味しいお水です。


温泉内の『白州庵』で夕ご飯をいただきました。

温泉からつくった塩でつくっているという源泉塩ラーメンにも心魅かれましたが、私はジャンボチキンカツ定食をいただきました。

山梨県は揚げ物がとても美味しいのです。

カラッとサクサクで、胃にももたれません。

こちらのジャンボチキンカツも期待を裏切らないサクサク、ほくほくで美味しかったですよ。

デザートに塩アイスを食べました。

120927_shioice.jpg

アイスクリンのような感じのアイスクリームで、さっぱりとして美味しかったです。


食後にもう一度、温泉に浸かって温まってから帰途につきました。


尾白の湯源泉ミネラル塩・信玄の涙
120927_shingennonamida.jpg

温泉の売店で購入しました。

名水に少量を溶かして飲むと健康効果が高いそうです。

尾白の湯には、ストロンチウムが通常の30倍含まれているそうです。

料理や飲用にこの塩を使っていれば、放射性ストロンチウムの取り込みを減らせるかもしれないと思って買っちゃいました(生体内でのふるまいが似ているカリウムをとることで放射性セシウムの取り込みを減らす、カルシウムを取ることで放射性ストロンチウムの取り込みを減らす、というのと同様の理論ですが、実際の効果は実験していないのでわかりません)。



熊の心配さえなかったら、11月〜翌3月は宿泊が半額になるみたいなので泊まってみたいです。

森林浴を楽しみながら犬達をいっぱい遊ばせることができ、美味しいオーガニックランチとカフェを楽しみ、温泉でしめくくり、『行楽』にふさわしい一日でした。

また、お気に入りの場所ができて嬉しいです。



サントリーホームページより引用
天然水(南アルプス)の放射能汚染について
月1回の頻度でサンプリングし、「ゲルマニウム半導体検出器」と呼ばれる専門機器を使用した放射性物質分析を継続的に実施しています。(検出限界値:1ベクレル/kg※)
9月1日現在、放射性物質は検出されていません。




甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村




白州・尾白の森親水公園べるが

森のレストラン・灯鳥










☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

09/26のツイートまとめ

tsukubakoumesou

『現在、福島第一原発では何人ぐらいの作業院がどんな状況のもと働いているのですか?』(カタログハウス) http://t.co/883dO6n5
09-26 14:33

昨日、甲斐犬愛護会本部にお邪魔してきました。ユニフォーム(笑)姿じゃなかったので、最初、Dさんに『あんた誰?』という非常に不審げな目でみられてしまいました□ 誰なのか気づいてくださった後は大変やさしく親切にしていただけたのでよかったです□ やっぱりユニフォームって大事なんだなぁ。
09-26 12:59





甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

万力公園(山梨市)♪

山梨市の万力公園に遊びに行きました。

初めて行く場所なので、ご老体のプー様と、どういう動きをするか読めないまやすけはお留守番で、甲斐・月・福の3頭を連れていきました。

万力公園は「万葉の森」をテーマに造られた広大な公園です。

「万葉の森」と謳うだけあり、公園内には万葉集に謳われた植物が遊歩道沿いに植栽され、各々の植物のネームプレートには、その植物が歌われた万葉和歌が添えられていました。


120926_info.jpg
春の道、夏の道、秋の道、と名付けられた林の中の遊歩道と、ところどころに開けた広場、茶室(休憩施設)、レストラン(市民会館内)、動物広場(!)からなる広い公園でした。



噴水広場にあった人工滝
120926_fall.jpg


笛吹川沿いで、園内にも沢山の小川や噴水(↑な人工滝も)があるせいか、まだ日が高い時間帯だったのに涼しい風が吹いていました。


林の中の遊歩道
120926_park_1.jpg
120926_park_2.jpg

遊歩道は、松をはじめとした雑木林の中にあり、薄暗かったです。

薄暗い分、涼しくてよかったのですが、立ち止まると蚊がたかってくるので、せっせと歩き続けなければなりませんでした。

犬達も私も母も、はじめて来た場所、しかも野鳥の気配に満ちあふれた自然いっぱいの公園なので、張り切って歩いていきました。


園内の小川では蛍がみられるそうです。
120926_info_hotaru.jpg



雁行堤の案内板
120926_gankozutsumi.jpg

説明文が非常に興味深かったので引用します。


******************************
昔から伝わる洪水を防ぐ方法に、甲州流川除方というのがあります。
この方法は、武田信玄公の考えを基にしたものとも言われています。
ここに有る「雁行堤」も甲州流川除方で築かれています。
武田信玄公の軍の戦いかたに「雁行の陣を立て、一陣が破れても、二陣の備があり、二陣が破れても、三陣四陣と敵にあたることができる」とある。
そこで洪水を敵軍にたとえ、空を飛ぶ雁(がんがも科の渡り鳥で、かもより大きい鳥)の列のように堤防をならべて築くことにより、川の流れを弱め流れを変えるようになったのです。
天正11年9月(西暦1583年)笛吹川の大洪水で、この辺から甲府にかけての田畑があらされました。
その後ここに「雁行堤」が築かれたのでした。
今では、ほとんど砂に埋まっておりますが、高さは約5.5m、長さは33mで大きな石をたくさん積み重ねて出来ています。
******************************




公園内にはなんと動物園までありました。
120926_zoo.jpg


犬連れだったので園内に入れず残念でした。

でも、園内以外の遊歩道脇には犬連れでも会える動物達がいました。

噴水広場の手前にフラミンゴ、クジャク、水鳥。

ただし、月が襲おうとするので 、ゆっくり眺めることもできず早々に立ち去り・・・(;´Д`A



シカの放飼場
120926_deer.jpg

『わぁ♪ シカがいる〜』と喜んだのも束の間、月だけでなく福までが檻ごしにシカと威嚇しあって大変なので、ここも早々に立ち去り・・・
ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ


公園の北端にあるちどり池
120926_pond.jpg



動物広場の動物達とはゆっくりふれあうことができませんでしたが、森林浴効果満点の林の中をいっぱいお散歩でき、笛吹川の上を通った涼風に癒され、万葉和歌の世界に誘われて(立ち止まると蚊に刺されるので、ささっとふれあったのみでしたがww)高尚な気分も味わえ、犬達も私も母も大満足でした。

金川の森につづき、お気に入りの場所ができて嬉しいです。



夕食は、山梨市駅ビル内の『のんきばぁーば』でいただきました。

おすすめの『ほうとう』は家庭的な味で和みました。

甲州名物の鳥もつと手作りキムチのコラボ『キムチ鳥もつ』も、ほうとうとよく合いました。

ばぁーばさんに『山梨はとっても住み易くていいところよ♪』と力強くおっしゃっていただいて嬉しかったです。

他にも、各種定食や、豊富なおつまみ類があり、是非リピートしたいお店でした。

金川の森の帰りには『こくぶ亭』(笛吹ワインとバルサミコ酢を加えた味噌かつ丼がメニューに加わりました♪)か『イタリアントマトクラブ』(河口湖HEIDI'S GARDEN内にもイタリアントマトクラブ1stがオープン)、万葉の森の帰りには『のんきばぁーば』『四季彩 まさご』か『ウエストマウンテン』♪



甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村



花鳥風月  【麻屋葡萄酒】

花鳥風月  【麻屋葡萄酒】
価格:2,100円(税込、送料別)



☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

犬舎見学(彩の国井上荘)♪

いつもお世話になっている犬舎さま(彩の国井上荘)へ見学に行ってまいりました。

116回展寺田記念杯の『彩の鷹姫号』、130回展大優勝旗の『南陽の力皇号』を筆頭に、多数の入賞犬を育成されている名門犬舎さまです。

お彼岸でお忙しいところを突然のお願いを御快諾くださり、御言葉に甘えて午前中からお邪魔しました。

圏央道のおかげで渋滞にまきこまれることもなく、スムースに到着。

広い敷地に立派な犬舎(ひとつひとつの犬舎も広〜い)が並んでいました。

犬達はあとで拝見させていただくこととして、美味しいお茶とおはぎ(餡から手作り!)をいただきながら、犬のお話で盛り上がりました。

飾られているリキと優勝旗のパネル(ポスター大)やトロフィをうらやましく眺め、血統書を拝見させていただきいながらお話しているうちに、あっという間にお昼になり、これまた美味しいお蕎麦(なんとこれも手作りというか手打ち)と新鮮なお刺身(井上さんのお宅はお魚屋さんなのです)を、恐れ多くも井上さんのお給仕でいただきました。

見学にお邪魔したのに、たいへん御馳走になり申し訳なかったです。

本当に御馳走様でした m(_ _)m



さて、肝腎の犬舎見学。

我が家の月と優勝旗を争った『南陽の力皇号』は、リングでの勇姿は何度も間近で拝見(総合優良犬の部ではもちろん、参考犬の部でも隣に並んでいたので)していましたが、ふだんのリキは、犬舎に近づいた私に『撫でろ、撫でろ』とすり寄ってくる甘えん坊さんでした。

撫でるのをやめると、『なんでやめるんだよぉ〜』と抗議されました(笑)

うちの月がリングの外ではこんな甘えん坊さんなのと一緒ですね



ただし、うちの月の場合には他人には甘えたりしないのですが。


久しぶりに『若本陣号』も拝見させていただきましたが、太い(ほんと〜に太い!)差尾は健在で、牡らしく骨量のある素晴らしい犬でした。

こんな素晴らしい種牡を2頭もお持ちで、とてもうらやましかったです。



仔犬ちゃんもたくさん産まれていました。

みんな母犬と同じ広い犬舎の中でのびのびと遊んでいて可愛かったです。


この仔は一人っ仔ちゃんでした
120922_puppy.jpg
ちょこんとすわっておかーさん犬を見上げる表情が可愛いでしょう?
こんなちっこいうちから鮮明な虎毛で、これまたうらやましかったです。



さんざん長居をしてたくさん御馳走になったうえに、なんとお土産までいただいてしまいました。

実は今日は私の夏期休暇初日なのですが、初日から甲斐犬三昧、美味しいものいただき放題の、夢のような一日でした

『彩の国井上荘』さま、本当にありがとうございました。

今後とも、御指導御鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。


甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



しまなみ海産広場 楽天市場店


  






加須市内の放射線量(市役所HP)


☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

09/17のツイートまとめ

tsukubakoumesou

朝のお散歩で生後3ヶ月の甲斐犬ちゃんと遭遇□ うちのチンピラ達(甲斐、月、福)の勢いに最初は尻尾を下げて逃げ回っていた甲斐犬ちゃん。 仔犬らしくすぐに元気が出て来て立ちあがって遊ぼ~、と□ 可愛かったぁ□
09-17 07:31





甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

09/11のツイートまとめ

tsukubakoumesou


『18歳以下1人が甲状腺がん 福島健康調査8万人分析』
福島県立医大は早くも放射線の影響を否定ですか。
15歳以下の小児甲状腺癌の発症頻度は100万人あたり2.2人未満だそうです。
8万人に1人といえば6倍なんですけど、それでも全く関係ない偶然だ、と言い切れるのでしょうか?
人間の、しかも小児の健康という重大な問題なのに、調査の規模に比して結論を出すの早すぎではないでしょうか?
根拠もただ発症が早すぎるというだけ?
今後、福島で小児甲状腺癌が多発したとしても、この子は例外として補償されないのでしょうか?


09-11 18:13





甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

09/10のツイートまとめ

tsukubakoumesou

今日の山梨日々新聞の一面に、愛護会展覧会の審査員T先生が、お父様が苗として確立されたというスモモ(世界一大きなスモモとしてギネスに認定された貴陽)のことで紹介されていましたよ□
09-10 21:18





甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

09/07のツイートまとめ

tsukubakoumesou

時事寸評 政府の「人体実験」政策 http://t.co/7ypYwLDU 政府の言動矛盾もさることながら、純粋な研究だとしても何ヶ月間も、100mSvと10mSvを間違っちゃってましたっていう放射線アドバイザーのもとにやる研究...
09-07 14:04




甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
QRコード
QRコード
検索フォーム
おすすめ♪


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

GREEN DOG



DHCオンラインショップ



書籍の検索♪
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。