予想以上に早くその時がやってきました(その3)

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


2013年8月24日早朝 プーちゃんが息を引き取りました。

私が仕事に出ている間のことで、母が看取ってくれました。

経過が急で、手当や処置が後手後手だったのが悔やまれますが、それでもできることや思いついたことは全部でき、何よりも苦痛らしい苦痛がなさそうなまま最後まで眠るように死んだのが幸いでした。

簡単にですが、プーちゃんが息をひきとるまでの経過をつづります。


2013年8月20日
朝より食欲減退(いつもの半分くらいは食べた)。
夕方、私が帰宅後にヨーグルトやカステラをあげたが食べず。


2013年8月21日
朝、缶フードを温湯でといたものを少量食べたが嘔吐してしまう。
午前中に動物病院を受診、『老衰』と言われる。
栄養剤を経口投与、乳酸リンゲル液を皮下注してもらって帰宅。
栄養剤は帰宅後に嘔吐してしまう。
ポカリスエットを温湯で半分くらいにうすめたものを10ml、シリンジで与えた。
口角からシリンジを挿入して舌の上にポカリスエットを流しこむと、自分で舌をぺろぺろしながら嚥下し、誤嚥するようすもなし。
ただし、あとで与えた半分くらいの量を嘔吐してしまう。
このため、朝6時半頃、午前10時半頃、14時半頃、18時半頃、22時半頃の5回に分けて経口補水を行うこととした。
点滴をしてもらったおかげもあり尿量は十分保たれていた(血尿や着色尿でもなかった)。


2013年8月22日
前日の点滴が効いたのか、午前10時半頃の補水後、午前11時頃に自分で立ち上がって水飲みから水を飲んだとのこと。
夕方、仕事帰りにペットショップで犬用流動食(カロリーエース)を買い、シリンジで与えた。
自分で舌をぺろぺろしながら5mlのんだ。
唾液も減っているようでいつまでも流動食が口の中にへばりついていて気持ち悪そうなので、洗い流す目的でポカリスエット2mlを追加で与えた。
しかし、あとでやはり半分くらいの量を嘔吐してしまう。
この時点で丸2日間排便がみられず、お腹が張ってきている。
腸が動いていない麻痺性の腸閉塞で、それによる嘔吐と腹満と思われた。
尿量はやや減っていたが乏尿というほどではなかった。


2013年8月23日
麻痺性の腸閉塞に対して、大建中湯(だいけんちゅうとう)の注腸を試みた。
経口補水もポカリスエットからOS-1を薄めたものに切り替えた。
午後、時間給を1時間もらってドラッグストアで大建中湯OS-1を購入し、処置を行った。
処置のために一時帰宅したときにはだいぶ衰弱が進んでいた。
前日には頭をもちあげて周りをみたり、寝返りをうったりできていたがそれもできなくなっていた。
処置のために抱き上げたら、溢流性と思われる少量尿失禁がみられた。
人間の乳幼児の論文を参考に大建中湯5mlを注腸。
反応便は私が仕事に戻るまでの短時間にはみられなかったが、少し腸管が動いたのか、夕方、母がのませたカロリーエースもOS-1も嘔吐しなかったとのこと。
私が夜も仕事だったため、母が23時にその日最後の分のカロリーエースとOS-1をのませたが、それも嘔吐なく飲んだとのこと。
24時少し前におむつを交換したところ、注腸液と混ざった反応便があり(血便ではない、小指大の普通便の塊2個)、お腹の張りがとれて柔らかく凹んでいたとのこと。


2013年8月24日
5時に母がトイレに起きた際には、呼吸はしていたものの呼吸数が減っており下顎呼吸もみられたため、『お姉ちゃん(私のこと)が帰ってくるまでがんばるんだよ』と撫でていたが、6時頃に息をしなくなったとのこと。
8時45分に私が帰宅した際には下になっていた右側の腹部にすでに死斑が少し出ていた。
両眼ともにうすく開けたままのため、閉じてやろうとしたが閉じられなかった。
おむつをはずして全身を拭き清め、火葬に備えて綿100%のタオルに寝かせ、庭に咲いている桔梗の花を供えた。
9時30分〜ペットセレモニー山梨さまに来ていただき火葬。
とてもていねいに送っていただいてありがとうございました。
プーちゃんの骨は、とても太くしっかりしていて、5日前まで庭を走りまわり御飯をもりもり食べていた元気さがしのばれる骨だった。


もっと早く注腸をしてあげていればもう少し一緒にいられたのでは、、、

食欲が落ちた20日の時点で動物病院に連れていっていれば、あそこまで衰弱せずにすんだのでは、、、

それ以前に、老犬なのだから、エアコンが効いた室内にいるからと油断していないでただの水ではなく犬用ポカリスエットをあげていたら衰弱せずにすんだのではないか、、、

などなど、悔やまれる点はありますが、痛がったり苦しがったりする様子もなく、侵襲的な検査や処置を受ける必要もなく眠るように逝ってくれたこと、唯一やや辛そうだった嘔吐も最期に処置が間に合って吐かなくなってくれたことなどから、頭では良い最期だったと思っています。

長い間、それこそ甲斐犬よりも長く一緒にいたので、心の整理はなかなかつきそうになく、くよくよとあれこれ考えてしまいそうですが。

短かった最期の経過を思い出して時系列に書き連ねることはまだ辛いものもありましたが、プーの死が無駄にならないように、どこかで私と同じように藁をもつかむような気持ちで愛犬のためにネットで情報を探している人がいらしたら少しでもお役に立てるように、具体的な商品名や処置名を入れて記録しました。

それが、私の仕事のためにお留守番生活が長く、最期のときも私自身が看取ってやれなかったプーへのせめてものはなむけです。









☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

予想以上に早くその時がやってきました(その2)

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


 本当は、こちらの記事を先に書きたかったのですが、かなり危うい状態が続いていたために書くのをためらっていました。

甲斐の徘徊が始まった翌日から、プーが食欲を無くしました。

6月で16歳になった我が家の長老犬は、犬仕様に建てた新居に引っ越してきてからは、庭のドッグランを我が物顔にのし歩き、家の前を散歩していたGレトリーバーに果敢に吠えかかるなど、活気に満ちていました。

ごはんも、朝は誰よりも熱心に催促し、自分の分を食べ終わってからも甲斐犬達が食べ終わった食器に首をつっこんで舐めるほどの食欲をみせていました。

しかし、一昨日の朝から御飯を少ししか食べないと思ったら、昨夜からは水ものまなくなってしまいました。

大好きだったカステラやヨーグルトにも見向きもせず、かといって、どこか痛むとか具合が悪いという感じではなく、いかにも『衰えた』という感じに全体的に弱々しく傾眠傾向でした。

先に症状が出た甲斐ちゃんの方は、旺盛な食欲を取り戻し、オシッコもウンチも庭に出てすませ、さらに庭を徘徊した後はひとりでちゃんと犬スペースに戻ってこられるようになったので一安心と思った矢先に、今度はプーちゃんが弱ってしまったのでした。

しかも、甲斐ちゃんのように身体が元気でおつむが少々あぶない、というのではなく、身体というか生命があぶないのでした。

甲斐ちゃんもプーちゃんも、突然症状が現れたという点では同じでした。

ただ、甲斐ちゃんの方は一刻一秒を争うというものではないのに対し、プーちゃんの方は緊急で対処が必要という点が大きく異なっていました。

私が仕事を休めないため、母にタクシーで(母は運転ができないので)午前中のうちに動物病院に連れていってもらいました。

動物病院の休診が多い木曜日ではなかったのが不幸中の幸いでした。

動物病院で『老衰だね、仕方ないね』と言われたそうで、点滴をうってもらい、栄養剤を処方してもらったそうです。

苦しそう、とか、辛そう、という感じではなく、とろとろと常に眠っている状態です。

犬用缶詰をお湯でどろどろにといたもの、ヤギミルクはあとで吐いてしまったので(病院でのんだ栄養剤も家に着いたら吐いちゃったそうです)、とりあえずは脱水と低血糖にならないように、せっかく受けた点滴の効果が消えないうちに、ポカリスエットを微温湯で半分くらいにうすめたものを注射器で口の中に流し込んでやったら、むせることもなくペロペロと舌を動かして飲み込み、吐きもしませんでした。

ポカリスエットを吐かずに吸収できるようなら、犬用の流動食を飲ませてみようと思っています。

自分で寝返りをうつ力は残っていて、呼吸もとくに荒くなく安定しているので、もう少し(食餌がとれないままならば、本当にもう僅かの間でしょうが)一緒に過ごせそうです。

私に犬を飼う楽しさを教えてくれた2頭ですし、長い間一緒にいた2頭なので、その2頭が急に老いと死を覚悟させられる症状に陥ったことはまだ信じられないような気持ちですし、まだ、つくばのときのようにかかりつけの獣医さんもいない中でのことで心細かったです。

甲斐もプーも元気なうちに犬飼い仕様の新居で暮らせて、たとえ短期間でも楽しい時間を持てたので、それがせめてもの慰めです。


ポカリを飲んだ後、とろとろとまどろむプー
おじいちゃんになっても可愛い顔は健在です。
獣医さんでもAHTさんに可愛い可愛いと言われたそうです。
130820_pooh_1.jpg

130820_pooh_2.jpg

130820_pooh_3.jpg






☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

予想以上に早くその時がやってきました

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


その時はやってきました。

予想していたよりも少し早く、そして突然に。

甲斐 13歳と7ヶ月ちょい。

日本犬は認知症になりやすい、その原因は食生活の変化によるDHA&EPAの不足である、ということは随分前から言われていたことなので、メインのドライフードに魚をトッピング(関連記事1関連記事2関連記事3)して与えるようにしていました。

大型海水魚は水銀の問題もあるので、ビタミンEを添加した青魚(イワシやマメアジ)を多く与えていました。

しかし・・・。

2011年3月、東京電力福島第一原子力発電所の事故による広域放射能汚染、とくに高濃度汚染水を垂れ流され続けていることによる海水魚の汚染はすさまじく、今までのように犬達に魚を与えることをやめました。

魚がダメになることは早い段階でわかっていたので、海外サプリのフィッシュオイル(震災前製造)を備蓄していましたが、それも1年くらいで与えきってしまいました。

その後は、某社のDHAサプリを与えようと、放射性物質の検査体制(どの段階で検査するのか、使っている検査機器の種類と検出限界値、販売可能としているセシウムの値など)を問い合わせたところ、検査体制についてはお答えできませんが我が社の製品はまったく問題ありません、という非常に不安になる回答しか得られなかったので、備蓄した震災前製造のサプリを使い切った後は、とくにDHAを加えないままになっていました。

そうこうしているうちに、3日前から甲斐ちゃんの徘徊が始まりました。

まだ軽い行動異常のみで、昼間は起きていて夜は寝るというリズムも比較的保たれていますし、どこかの隙間にはさまっても自分で後退して脱出できますし、排泄も失敗しませんし、耳が遠くなったものの私の呼ぶ声に反応してゆっくりですがちゃんと側にきます。

それでも、しまった、予防できなかった、と焦りました。

利発で軽快に踊るように走っていた甲斐ちゃんが、しかもまだ13歳なのに・・・と落ち込みました。

しかし、この状態からならまだ十分対応できると信じ、泥縄式でお恥ずかしいですが、あれこれ調べてフードやサプリを取り寄せることにしました。

ちゃんと犬の認知症対応フードや専用サプリがあるのに驚きましたが、価格が高いせいか効果がわかりづらいものだからなのか、在庫があって即日お届け可!というショップはなく、みんな1週間程度でお取り寄せ、というものでした。

届くまでの間、人間用のサプリ(DHA+イチョウ葉+アスタキサンチン)をドラッグストアで買ってきて与えています。

このサプリは以前に問い合わせた某社の製品とは異なりますが、慌てて買ってきたので、放射能汚染の検査体制がちゃんとしているかとかは二の次となっています(ので、まだ甲斐ちゃん以外には与えていません)。

犬の適量がよくわからないですが、1週間くらいの間なら多めに与えても支障なかろうと人間の1日分をそのまま1日分として与えています。

犬用の製品が届いたら、犬用のものに切替えます。

犬用の製品についても、放射能汚染という点において安全かどうかはわかりませんので、今後のことも考えて、製造会社に問い合わせてみようと思っています(人間用サプリの某社のように、大したことを教えてくれもしないうえに問い合わせた結果を公開・転用不可としている会社が非常に多いので御報告できるかどうかは?です)。

また、ダメ元でいっぺんにいろいろ試すので、効果があったとしてもどれが効いたのかわからないと思いますが、甲斐ちゃんの様子については、また定期的に御報告したいと思います。

とりあえず、私が試すのは下記の3種類です。

なんとか少しでも効果がありますように!!

ヒルズ プリスクリプション ダイエット 犬用 b/d

犬用 痴呆症補助メイベットDC 2g×60包

フィッシュ ライフサプリ(Life Sapli)



今日の甲斐ちゃん

徘徊する甲斐の動きを怪しんでまやすけや福が反射的にガウッとしてしまうので、犬スペースを甲斐&月とまやすけ&福の2組に分けて仕切りました。


甲斐のお気に入りの場所
外へ排泄に出られないとき用にトイレを置いてあります
ときどき未使用のトイレシーツの上で寝ていることもあります(笑)
130820_kai_1.jpg


おばあちゃんというよりおじいちゃんみたいな顔(笑)
130820_kai_2.jpg


カメラを向けていたら起き上がっちゃいました
腰が曲がって年寄りくさい姿になりました
130820_kai_3.jpg









☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

08/16のツイート(YPN84会長犬選抜総選挙)

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ


tsukubakoumesou

『皆様の清き一票をお待ちしています!』
八ヶ岳地区のペット同伴可の施設で活躍中の毛むくじゃらの看板娘、看板息子たちのセンター(笑)を決める総選挙だそうです。
オーナーさんが頭をひねって綴った釣書が微笑ましいですよ♪ 
http://t.co/8f8MyR0fiv
08-16 21:32








☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)

08/09のツイート(飼い主のあくびは「犬に伝染」)

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

tsukubakoumesou

愛犬は飼い主の半身といっても過言ではないですものね。   飼い主のあくびは「犬に伝染」、共感示す? 東大・京大研究(AFP=時事) - Y!ニュース http://t.co/4rvohVOlk3
08-09 22:33






今年で11歳になった月ちゃん1号(信濃乃月影姫)
飼い主さんのお布団で一緒に寝ているという月ちゃん1号、あくび伝染は間違いないでしょうね♪
IMG_0023_convert_20130810152300.jpg









☞ 関連記事
記事および画像の無断転載はご遠慮ください(つくば虎梅荘)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
QRコード
QRコード
検索フォーム
おすすめ♪


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

GREEN DOG



DHCオンラインショップ



書籍の検索♪
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。