メイちゃん(紫峰の米良姫)

岩手へヤマドリ猟犬候補として行った月の長女メイちゃん。
猟をしない私が作出したメイが猟犬としてお役にたてるか心配していたのですが、飼い主様から【甲斐犬メイの狩猟日記】 をいただきました。
メイの訓練開始から実戦にいたるまでの訓練内容を詳しく書いてくださり、とても興味深く拝見させていただきました。

最後の結論だけ抜粋・転載させていただきます。




メイは山鳥を咬ませるごとに反応が鋭くなり、100m以上先の林の中に潜む山鳥に反応して斜面を駆け上がり追い出すようになりました。
いきなり追われた山鳥は、逃げまどい、飛んで沢を下ります。
これを『山鳥の沢下り』といいます。
犬が走り出したら、できるだけ近づいて、見通しの良い場所で挙銃して待ちます。
羽音とともに姿を現した山鳥を判別(捕獲できるのはオスのみ)して、長い尾を確認してから引き金を引きます。
首や頭に被弾するとほとんど即死しますが、翼だけ折れた場合は落下したあと走って逃げます。
藪の中などに逃げ込むと人が探し出して捕まえることは困難です。
負傷させたまま取り逃がすことを半矢といい、いずれ息絶えます。
回収できなければ、ただの殺生に終わることになります。
これまで3回この場面がありましたが、メイは100%回収しています。

猟犬の仕事振りを猟芸といいますが、山鳥猟に関してのメイの猟芸は 『抜群』と表現させていただきます。
このすばらしい犬を作出し譲って下さった、つくば虎梅荘様には改めて感謝いたします。




月と同じく小柄で機敏なメイが、いっちょまえにヤマドリをくわえて走ってくる姿を想像すると、とても可愛く愛しいです。
猟犬種を作りながら自分が猟をしない私なので、容姿だけではなく猟能も保存されていたことがわかってうれしいかぎりです。
それも、メイの資質をとても上手に引き出してくださった飼い主様のおかげに他なりません。
飼い主様とメイに感謝感謝です

0812_mei_hunting_1_convert_20081219135435.jpg
0812_mei_hunting_2_convert_20081219135415.jpg


ランキングに参加しています、よろしかったらポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ




Comments 0

Leave a reply