天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ


天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会は、4月の第一日曜日と10月の最終日曜日に山梨県で開催される甲斐犬単独展です。
単独犬種展としては日本最多の開催歴を誇る伝統と権威がある展覧会です。
100頭以上の甲斐犬が一同に会する様子は、甲斐犬好きにはたまらない光景です。
出陳には犬が甲斐犬愛護会登録であることと、所有者が甲斐犬愛護会会員であることが必要ですが、見学にはとくに資格や料金は必要ありません。

審査は、

未成犬牝の部(生後6ヶ月~生後1年未満のメス)
未成犬牡の部(生後6ヶ月~生後1年未満のオス)
壮犬牝の部(生後1年~生後2年未満のメス)
壮犬牡の部(生後1年~生後2年未満のオス)
成犬牝の部(生後2年以上のメス)
成犬牡の部(生後2年以上のオス)

の6部門について、午前に個体審査、午後に総合(比較)審査が行われます。
個体審査は『純粋甲斐犬としての資質を体現しているか』を審査するもので、個別にリングにあがり、立ち姿・歩様・歯牙・睾丸などについて審査されます。
総合審査は『出陳犬中の順位をつけるため』の審査で、各部門毎に出陳犬が全頭並んで審査を受けます。
出陳番号順に並べられた後、個体審査の成績をもとに数頭づつ中央へ呼ばれ、順位順に並べ替えられていきます。
順位が1~6番目(1~6席)の犬には入賞犬としてトロフィと賞状が授与され、入賞圏外の犬も個体審査で純粋甲斐犬として認められた犬には推奨犬メダルが授与されます。

上記各部門の審査終了後、過去の展覧会で成犬の部2席以上の入賞を果たした犬(牡3歳以上、牝2歳以上)が出陳の権利を得られる、いわば頂上決戦である「総合優良犬の部」の審査があります。
総合優良犬の部のは、まず、牝・牡に分かれて審査が行われ其々の優勝犬が決定され、その後に牝の優勝犬と牡の優勝犬の間で総合優勝を競います。
総合優勝犬には大優勝旗が、準総合優勝犬には寺田記念杯が授与されます。



寺田記念杯(第130回 紫峰の月影姫号)
091025_teradakinenhai_1.jpg




成犬牝二席のトロフィ(第126回 紫峰の月影姫号)
071028_trophy_1.jpg



推奨犬賞メダル
entry-827.jpg





展覧会のご案内、レポートはこちら





070109_pup_m2_1.jpg

仔犬は、仲間や先輩の犬舎でも随時産まれておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお申込フォームから。
ある程度成長した犬を御希望という場合にもお役に立てると存じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
その際はお申込フォームの御要望欄にその旨をお書きください。





犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


いぬのきもち&ねこのきもち GREEN DOG 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』









Comments 0

Leave a reply