いまある幸せ

作家の近藤啓太郎は、中学の頃から日本犬保存会の会員で、柴犬や紀州犬を展覧会に出陳していた他、自らも八色犬舎として優秀犬を作出していました。
作出した犬は、作家仲間や近所(鴨川)に分けていたそうです。

その近藤啓太郎が、15年以上前(1993年当時)にブーム化し始めた犬飼育に関して一言を呈したのが『愛しき犬たち』です。

その中で印象的な一文がありました。

要約すると、近藤啓太郎から犬を分けてもらった人達が日保の展覧会に出陳していた時の言動をみて、古参の会員達が『自分たちは散々犬屋にだまされてクズみたいな犬を高値で買わされて勉強してきた。だから、やっと本物の紀州を手に入れて展覧会で特良をもらえた時は嬉しかったし、優良をもらえた時には仲間を集めてお祝いしたもんだ。しかし、最初から(近藤啓太郎)先生に素性の良い犬を分けてもらった人達は、そういう苦労をせずに優良をもらっているから、優良でも1席2席じゃないと不満顔をする。』と批判したということでした。

とても考えさせられる一文でした。

仔犬の場慣らしでお邪魔する日保の支部展では、現在はほぼ『全犬優良』です。

同様に、甲斐犬愛護会の展覧会でもほぼ全頭が推奨犬賞です。

すなわち、現在では、少なくとも展覧会に出陳してくる人達はみな、素性の正しい良犬を持てるようになっているということです。

これは、それぞれの犬種保存団体の先達の方々の御尽力の賜物以外のなにものでもありませんが、そんな恵まれた環境の中で、私も、近藤啓太郎から犬を譲ってもらった人達と同様、入賞はあたりまえ、上位入賞でなければ悔しいと思うようになっていたように思います。

いまの自分と愛犬達・作出犬達が、先達の方々の御尽力と非常な幸運の上にあるものだということを忘れかけ、いつしかごくあたりまえのことであるかのように勘違いしていたのではないかと思います。

それを気づかせてくれた貴重な一文でした。

いまある幸せを感謝し、今度は私が先達の方々から受けてきた恩恵を、より高めて後進へ伝えられるよう精進していかなくてはならないと思いました(まだまだ私自身が後進もいいところなので、それはだいぶ先の目標なのですが)。



柄にもなく真面目なことを書いてしまいました。

おもしろおかしい内容を期待して読まれた方、すみません。



甲斐犬好きの方、ぽちっとお願いいたします♪
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



Comments 7

ばーば

No title

いやはや・・・とっても心に響きました。
この子達を愛してこそ、いてくる結果が入賞なのかもしれませんね。

2010-03-01 (Mon) 08:57 | EDIT | REPLY |   

くまのぱぱ@会社

No title

ああ、その本ウチにあるかも です。
むかーし読んだと思います。

くまたちを飼いはじめた頃で、犬関係の書籍・雑誌いっぱい読みました(笑)

2010-03-01 (Mon) 12:22 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@お昼休み

ばーばさん♪

スピリチュアルな言い方だと、『お役目』と『修行』ということになるのでしょうが、いまこの時期にふと読み返そうと思い、この一文に目が止まり考えさせられたのも『運命』なのでしょうね。

2010-03-01 (Mon) 13:53 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@お昼休み

くまのぱぱさん♪

甲斐をまだ迎えていなかった頃、甲斐犬の書籍がほとんどなくて、日本犬関連の本を、それこそ飼育本から椋鳩十まで読みあさっていた頃に買って読んだ本なのですが、なぜかふと読み返してみたのでした。
昨秋に寺田記念杯をいただいて春の展覧会を目指しているこの時期に読み返し、以前は目にとまらなかったこの一文に深く考えさせられたのはなんだか不思議な気がしました。

2010-03-01 (Mon) 13:58 | EDIT | REPLY |   

アキママ

まったく同感です。

Suzukaさんの今回の話は、たまたま、と言うか当然犬について指摘してるのだけれど、これって犬以外でも全てに当てはまると思う。私、時々ふと思うんです。今ある満たされた生活を当然と思ってはいけない。今ある生活は先人達の苦労の上に成り立っている。直近では親。さかのぼれば祖父母。もっとさかのぼれば・・・。
以前「今ある生活を当然と思っていると、苦労せずに更に更に要求して文句ばかり言うようになる。」と指摘した人がいてこれは非常に説得力がありました。肝に銘じておくべきですね。

2010-03-05 (Fri) 19:43 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@管理人

アキママさん♪

今に満足するだけでは進歩もない、という点とうまく折り合いをつけないといけないのですけどね・・・。
うまくいけば自分の手柄、うまくいかなければ他人や社会のせい、という最悪の意識構造だけは避けたいと思っています。
思い通りにいかないことはいっぱいありますけどね(涙)

2010-03-06 (Sat) 09:05 | EDIT | REPLY |   

アキママ

あーもう全く同感です。

成功は自分の手柄、失敗は社会や他人のせいにする最悪の意識構造。はーっ。よく見かけるパターンです。戦後苦労せず甘やかされた世代の特徴かも。

2010-03-06 (Sat) 10:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply