人気犬種


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


人気犬種ランキング2011(アニコム損保)

情報提供:新日本保険新聞社

1位:トイ・プードル
2位:チワワ
3位:ミニチュア・ダックスフンド
4位:ミックス(体重10kg未満)
5位:柴犬
6位:ポメラニアン
7位:ヨークシャー・テリア
8位:ミニチュア・シュナウザー
9位:フレンチ・ブルドッグ
10位:シー・ズー

だそうです。

日本人なら日本犬を飼ってほしいなぁ、とは思いますけれども・・・。

そんな中でも柴は健闘していますね。

柴も含めてトップ10すべて小型犬なのは、集合住宅が多い日本ではやむをえないことなのでしょうが、尻癖がよくて体臭が少なく無駄吠えも少ない日本犬ならば、中型犬でも十分集合住宅に適応できると思います。

飼育スペースや散歩量からいえば、牡の柴が飼えるなら牝の甲斐犬は余裕で飼えると思うのですが、入手のし難さや『気が荒い犬種』というイメージからか、甲斐犬は人気犬種にはならないようです。

ただ、番犬や伴侶として家族としか接しないというのなら日本犬は超おすすめですが、ドッグランやドッグカフェを愛犬と一緒に楽しみたいという方や毎日一定以上の散歩をするなんてムリ!という方には、無条件でおすすめはできないので仕方ないのかもしれませんね。

たくさんの方に甲斐犬の良さを知っていただきたいと思う反面、(中型以上だけかもしれませんが)甲斐犬をはじめとして日本犬は『飼い主を選ぶ犬』だと思いますので、変に人気が出て誰も彼もが飼うようになると、かつてのハスキー犬と同じ運命をたどる羽目になるという危懼は確かにあります。

育て方でいかようにもなるというのは真実ですが、犬の個体差や飼い主の力量によって限界もありますから。

人気犬種ランキングをみるといつもそういう複雑な気持ちになります。



数少ない(?)らしい甲斐犬好きの方
ぽちっとお願いいたします♪
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

entry-810.jpg

仔犬は、仲間や先輩の犬舎でも随時産まれておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお申込フォームから。

御家庭の事情で、ある程度成長した犬を御希望という場合にも
お役に立てると存じますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お申込フォームの御要望欄にその旨をお書きください。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_






犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


いぬのきもち&ねこのきもち GREEN DOG 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』







Comments 6

ねこた

No title

そうですね。私も、たとえば知人から「犬を飼いたい」と言われたときに、無条件に甲斐犬を勧めるかというと、やっぱり考えちゃいます。

でも、日本犬飼いのほとんどの方が口を揃えていうのは、「難しい犬種だからこそ、これだけの絆を感じられる犬種は、そうそういない」というトコロですよね。
犬とじっくり向き合える人だけに、オススメしたい犬種ではあるかもしれませんね。

とはいえ、「中型以上の日本犬は難しい」という認識って、なんとなくみんなあるのでしょうね。
だから、公園で見かける日本犬といえば9割くらいは柴だし、ソフトバンクのカイくんが人気者になったら、北海道犬ではなく白柴の人気が急上昇した、というような話もききました。
甲斐犬を題材にした漫画「流れ星 銀」にハマった人はいても、それで実際に甲斐犬を飼い始めた人はやっぱりそうそういなかったでしょうし・・・。(少なくとも「動物のお医者さん」を読んでハスキーを飼い始めた人ほどたくさんはいなかったでしょう)
ハスキーのような悲劇は、日本犬の場合、少しだけ起こりにくいのではないかと・・・思うのですが・・・。う~ん。どうでしょう。
起こらないといいなぁ。

というか、日本犬に限らず、どの犬種でも。
ハスキーの件で、日本人が少し学習してくれていたらいいのですけども。

2011-01-31 (Mon) 11:46 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@つくば虎梅荘

ねこたさん♪

ホームページを運営しているせいか(立ち上げた頃は甲斐犬のホームページなんて5本の指で余るくらいしかありませんでしたから)、実際に『甲斐犬を飼い始めたが手に負えないので何とかしてもらえないか』という相談は結構な数ありました。
中には『あんたが何とかしてくれなけりゃ保健所へ連れていくしかない』という脅しなんだか何なんだかという人もいました。
入手のしやすさというのは衝動買い(飼い?)の大きな要因でしょうから、繁殖犬舎の責任は重大ですね(譲らなければ飼えない訳ですからね)。

飼育スペースや運動量を差し引いて考えても、中型日本犬が(特に牝なら)特別飼い難いということはないと思いますが、日本犬との相性が悪い人が飼うと、獣医師の野村先生がおっしゃる『飼い主不在の犬』になりやすいということはあると思います。

自分にできることは、終生可愛がっていただけるような犬を作ることと、仔犬(成犬でもですが)をお譲りする際には慎重な上にも慎重に・・・ということくらいですけれど。
私は二度失敗した(どちらも結果的には良い御縁に恵まれて幸いでしたが)ので、かなり偏屈になっていますけれども、それくらいで丁度よいかと思っています。

2011-01-31 (Mon) 22:26 | EDIT | REPLY |   

アキママ

あ、これね・・・

大半の集合住宅って犬の大きさを制限してるんですよ。10キロまでとか。で、エレベーターや廊下などでは抱きかかえたりカートに入れたりしてないとダメだし。10キロ超えるとエレベーター待ちとかで抱っこが大変なんですよ。その上、都会だと排泄させる場所もうるさいからマンションを出てから排泄しても苦情が出ない場所まで抱っこして運ぶとかって事もあるし・・・。ウチはマンションだけど、当初は空き地もあったし犬の数もここまで多くなかった。それが空き地はマンションか駐車場に変わり、犬の数が凄く増えたので散歩の場所は減りクレームが増えたw だからどうしても小型犬になってしまう。この環境で私がまた犬を飼うとなったら「犬種」ではなくて「静かで抜け毛の少ない小型犬」から探すと思います。田舎の戸建てとかで環境が整っていたら絶対に甲斐犬ですけどね。

2011-02-04 (Fri) 07:58 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@つくば虎梅荘

アキママさん♪

おひさしぶりです♪
いつも勉強になるコメントをくださり有り難うございます。

小型犬しか飼えない規約があるのですね。
苦情で一番多いのは『鳴き声』らしいですが、うちで一番無駄吠えするのはチワワのプー様なので、小型犬が集合住宅に適しているかどうかは非常に疑問ですけど、規約にそう定められているのなら仕方ないですものね。

排泄の問題は切実ですね。
室内でさせるようしつけたとしても、うちでは私の帰宅が遅くなった場合に備えて室内トイレも置いているのですが、甲斐と月の一回分のオシッコで、スーパーワイド(60×90cm)のペットシーツ一枚さようなら~、ですからねぇ。
これが毎朝夕のことになったら、自分のお財布はもちろんのこと、市のゴミ焼却炉にもかなりの負担をかけることになりそうです。
ウ○チは、よっぽどのことがない限り散歩の時にしかしませんしね。

2011-02-04 (Fri) 21:40 | EDIT | REPLY |   

アキママ

それと、意外なのですが・・・

犬の足音のクレームがありました。普通のサイズの普通のパグだと思うのですが、犬の足音がウルサイと夜中に何度も怒鳴りこまれて困り果てていましたねぇ。絨毯を敷いたりして対策していたようですがそれでもダメらしくて弁護士を入れて話し合っていたようですが、パグの飼い主さん、後半はノイローゼになっていました。結局、運よく?転勤になったのでパグも連れて引っ越して行きました。この話を飼い主さんから聞いていたのでウチも凄く神経質になった時期があったのですが、幸いアキは家の中では足音も含めて無音なのと、同じ階と階下の住人が普通?の人だったので無事でした。集合住宅の騒音と言えば普通は子供が走り回る足音が多いと思うのですが、まさかパグがねぇ・・・。それほど走り回っているようには聞いてないのですが、留守番中に不安で走りまわっていたのかなぁ。ウチの上階は子供が徒競争なみに走り回っていたけど子供ってそんなもんだよねって思って流していました。とは言え何か大きなストレスを抱えているとそうも言ってられないのでしょうね。

2011-02-06 (Sun) 14:52 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@つくば虎梅荘

アキママさん♪

足音ですか・・・。
大型犬や人間の幼児の足音ならともかく、パグの足音が眠れない程うるさいというのは、犬のせいというよりも建材とか建築の問題なのでは?という気もしますが・・・(笑)。
というよりも、やっぱり人間の問題なのでしょうね。
その当時はどうだったかわかりませんが、今は動物指導センターに苦情があると、センターの担当職員の方が事情聴取に来てくれて、本当に苦情通りなら飼い主へ指導を、苦情がいきすぎたもの(実際にはうるさくも臭くもない)だと判断した場合には苦情元へその旨の説明をしてくれるとのことです。
当事者同士だとこじれやすい問題も、公的な(しかもその分野の専門の)第三者に間に入って判断・指導してもらうと穏便に解決できることもあるのでしょうね。
誰が何を言ってもだめな場合もいっぱいあるのでしょうけれど。

2011-02-06 (Sun) 20:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply