【拡散希望】大気や飲食物の軽度放射性物質汚染について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内 (続報) 、Q&A

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


放射性物質汚染が長期化する状況に鑑み、3月24日付「水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内」の続報として、日本産科婦人科学会ホームページに、4月18日付「大気や飲食物の軽度放射性物質汚染について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内 (続報)」及び「同続報に係るQ&A」が掲載されました。
携帯電話での閲覧などPDFファイルが開けない方のために内容を下記に転載しました。



大気や飲食物の軽度放射性物質汚染について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内 (続報)

平成23年4月18日
日本産科婦人科学会

 放射性物質による軽度汚染の長期化が懸念されています。この場合には特に軽度汚染飲料水や食物を長期間摂取することによる体内での被曝(内部被曝)が心配されます。この点について比較的よく研究されているヨウ素(I-131)について学会の見解を示します。ただし現在のところ、ヨウ素(I-131)による大気汚染は減少し続けており、ほんの一部の地域を除いてヨウ素(I-131)による水道水汚染はありません。ヨウ素(I-131)を一気に噴出するような新たな爆発が起こらないかぎり、ヨウ素(I-131)を含んだ水道水や野菜による健康被害を心配する必要はなさそうです。ただし、ヨウ素(I-131)による海洋汚染は現在も持続しています。今後の海水汚染の動向には注意が必要です。
 以下に示す例は、最大危険時等を想定した、連日、比較的高いベクレルを含んだ飲食物を摂取するとした場合であり、現実的には3月15日にあったような爆発(放射性ヨウ素を一度に大量噴出した)が繰り返されなければ、起こらない場面を想定しています。(最大危険時を想定した食事内容とその時の被曝量を末尾に表示しています)

1. 内部被曝について

飲食物として摂取されたヨウ素(I-131)は甲状腺に集まりやすいという性質があります。そのため、甲状腺は摂取されたヨウ素(I-131)量に応じて他の臓器より実質的に高い放射能にさらされることになります。甲状腺の被曝量(mSv,ミリシーベルト)と摂取したベクレルとの関係は以下のように計算されます。甲状腺への集まり易さを加味した計算式です。

大人の場合:ベクレル量×0.00032
乳児の場合:ベクレル量×0.0028
胎児の場合:ベクレル量×0.00047 (ここのベクレルは母親の摂取量)

 例えば、成人が1リットルあたり100ベクレルの水を毎日1.0リットル、100日間飲み続けた場合、摂取総ベクレルは100×1.0×100=10,000ベクレルとなり、その間の甲状腺被曝量は10,000×0.00032=3.2mSv (ミリシーベルト)となります。
 乳児の場合に、1リットルあたり100ベクレルの水で溶かした粉ミルクを連日0.8リットル(800ミリリットル、あるいは800 cc)、100日間飲み続けた場合、摂取総ベクレルは100×0.8×100=8,000ベクレルとなり、その間の乳児甲状腺被曝量は8,000×0.0028=22.4mSv (ミリシーベルト)となります。
 胎児の場合、母親が1リットルあたり100ベクレルの水を毎日1.0リットル、100日間飲み続けた場合、胎児甲状腺被曝量は10,000×0.00047=4.7mSv (ミリシーベルト)となります。


2. 安全な甲状腺被曝量について

 安全を見込んで、許容される年間あたりのヨウ素(I-131)による総甲状腺被曝量は成人、乳児、ならびに胎児を含め50mSvとされています。ここでは、50mSvのうち、水から11.1mSv、野菜から11.1mSv、乳製品から11.1mSv、その他の食品から11.7mSv、大気から5mSv摂取すると仮定します。


3. 成人が安全に飲むことのできる水の量について

 年間に許容される飲料水からの総ベクレルは11.1(mSv)÷0.00032=34,688ベクレルです。1日、1リットルあたり100ベクレルの水を1.0リットル連日のみ続けた場合、347日で安全を見込んだ11.1mSvに達することになります。


4. 妊娠婦人が安全に飲むことのできる水の量について (胎児の安全を加味して)

 妊娠婦人がヨウ素(I-131)を摂取した場合、ヨウ素(I-131)は母親甲状腺より胎児甲状腺に、より集まりやすくなります。したがって、胎児の安全を加味した場合、妊娠婦人が安心して飲める水の量は他の成人に比べて、約30%ほど少ない量となります。1日、1リットルあたり100ベクレルの水を1.0リットル連日のみ続けた場合、約236日で母親の飲水による胎児甲状腺被曝量は11.1mSvに達することになります (100ベクレル×0.00047×236=11.1mSv)。


5. 粉ミルク栄養の乳児の場合

 仮に栄養のすべてを粉ミルク(汚染されていないと仮定)から摂取している乳児の場合、野菜などからの摂取はありませんので、粉ミルク(軽度汚染飲料水で溶かした)からの甲状腺被曝量は45mSv程度まで許容されます。その場合、年間に許容される粉ミルクからの総ベクレルは45÷0.0028=16,071となります。1リットルあたり100ベクレル含む水で溶かしたミルクを0.8リットル連日のみ続けた場合、200日で安全を見込んだ乳児甲状腺被曝量45mSvに達することになります。


6. 野菜からのヨウ素(I-131)摂取について

 年間に許容される野菜類からのヨウ素(I-131)による甲状腺被曝量は11.1mSvとされています。これは野菜に含まれる総ベクレル34,688ベクレルに相当します。仮に1.0kgあたり2,000ベクレル含んだ野菜を連日、300g(1,000g=1.0kg)食べ続けた場合、58日間でこの量に達します。ただし、野菜が含んでいるベクレル値は出荷当時の数値ですので、1日あたり1日前の値(ベクレル)に比してベクレルは約9%減少し、また水洗いによりかなり減少するので、実際には、もっと長期間安心して食べることができます。ただし、土壌汚染により野菜内に取り込まれたヨウ素(I-131)については洗い流すことはできません。


7. 魚介類などからのヨウ素(I-131)摂取について

 年間に許容される肉、魚介類、穀類(水、野菜、乳製品以外から)からのヨウ素(I-131)による甲状腺被曝量は11.7mSv程度とされます。これは、36,563ベクレルに相当します。仮に1.0kgあたり1,000ベクレル含んだ魚介類100gと1.0kgあたり200ベクレル含んだ穀類を連日300g食べ続けた場合、毎日160ベクレル摂取することになり、229日間でこの量に達します。ただし、これらが含んでいるベクレル値は出荷当時の数値ですので、1日あたり1日前の値(ベクレル)に比してベクレルは約9%減少します(8日間で半分になります)。また魚介類は水洗いにより表面に付着したヨウ素(I-131)は減少します。


8. バランスを考えた食物摂取について

 以上の計算は、水、野菜、乳製品、魚介類を含むその他の食品や大気のすべてが一定以上汚染されたものしか入手できない場合を想定しての計算です。現在のように大気汚染も軽度で水道水汚染もない環境下では、飲料水と空気からの被曝がわずかなので、汚染の可能性を心配し魚介類や乳製品を遠ざけるといった食行動はかえって健康維持のうえで問題となる可能性があります。日本では野菜、乳製品、魚介類の出荷に関して厳しい基準値が設定されています。バランスのいい食事をお勧めします。参考として、最大危険時を想定した場合の食事内容について末尾に表示します。


9. ヨウ素(I-131)の半減期について

 放射能活性を持ったヨウ素(I-131)の半減期は8日間です。例えば、1リットルあたり100ベクレルの活性を持ったヨウ素を含んでいる飲料水の場合、8日間放置すると、放射能活性が半分の50ベクレルになります。腐らないよう冷暗所(暗くて寒い所、例えば冷蔵庫の中に)に24時間保存すると前日のベクレル量から9%ほど低いベクレル量となります。しかし、水道水中の消毒剤の効果も時間とともに切れてきますので、長期間の保存はお勧めできません。長期間保存した水道水は一旦沸騰してから飲むことをお勧めします(殺菌するためです)。


 このお知らせを作成するにあたり、参考にした書物等は以下のとおりです。ここで示した数値が他の情報からの数値と少し異なる場合がありますが、その違いはあまり大きいものではなく、根拠となる研究報告やどの程度安全性を見込むかによって起こる数値の違いですのでご安心下さい。

1. Guidance: Potassium iodide as a thyroid blocking agent in radiation emergencies. US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration, Center for Drug Evaluation and Research (CDER), December 2001 Procedural
2. Phipps AW, Smith TJ, Fell TP, Harrison JD. Part 1:Doses received in utero and from activity present at birth in Doses to the embryo/fetus and neonate from intakes of radionuclides by the mother. Contract Research Report 397/2001
3. 原子力災害時における安定ヨウ素剤予防服用の考え方について. 平成14年4月、原子力安全委員会、原子力施設等防災専門部会
4. 「放射性物質に関する緊急とりまとめ」2011年3月、食品安全委員会
5. 緊急時における食品の放射能測定マニュアル. 平成14年3月、厚生労働省医薬局食品保健部監視安全課




大気や飲食物の軽度放射性物質汚染について心配しておられる妊娠・授乳中女性のためのQ&A

平成23年4月18日
日本産科婦人科学会


Q1.
「放射性ヨウ素」って何ですか?
A1.
原子力発電所などの事故の場合に大気中などに放出される放射能活性を持った極めて小さなチリのようなものです。

Q2.
「内部被曝」って何ですか?
A2.
大気中にばらまかれた放射性ヨウ素は、時間をかけて地上に降りて来ます。 その間に体の表面から受ける放射能被曝を外部被曝と言います。この外部被曝が大量だと、やけどや体内の臓器障害が起こります。一方、この細かな放射性ヨウ素は吸気ともに肺から体の中に、また地上に降りた放射性ヨウ素は食べ物表面に付着したり水道水に混入し、飲食物として体の中に入ってきます。体の中に入った放射性ヨウ素は少量でも近くにある臓器を攻撃しますので健康被害を引き起こす可能性があります。これを内部被曝と言います。

Q3.
内部被曝を受けるとどんなことが起こりますか?
A3.
いったん、体の中に入ったヨウ素(I-131)は甲状腺に集まりやすいという性質があります。そのため、甲状腺が最も被害を受けやすくなります。甲状腺が50mSv (ミリシーベルト) 以上の被曝を受けると甲状腺がんになりやすくなります。ただし、40歳以上では影響を受けず、若い人ほど甲状腺がんになりやすいとされています。また、被曝により起こった甲状腺がんは比較的穏やかながん(進行がゆっくり)と言われています。

Q4.
内部被曝を避けるためにはどんな注意が必要ですか?
A4.
最も影響を受けやすい甲状腺を守ることは体全体を守ることになります。そのため多くの国で、水や食べ物について、甲状腺を守るための(安全に食べることができる)基準値(1kgに含まれるベクレル基準値)を示しています。日本では外国よりもむしろ厳しい(より安全な)基準値を示しています。そのため、実際には、水道水や流通している食品を摂取しているかぎり健康被害の心配はないと考えられています。しかし、妊娠・授乳婦人は用心に越したことはありません。繰り返しになりますが、甲状腺が50mSvの被曝を受けると健康被害の心配がでてきます。

Q5.
胎児(お腹の中の赤ちゃん)を守るための食事の注意は?
A5.
胎児の甲状腺はお母さんの甲状腺より影響を受けやすいので、妊娠してない成人より、お母さんはより安全でバランスのいい食事が必要です。
水が汚染されている場合には、野菜なども汚染されていることが多く、また今回の場合は魚介類の汚染も心配です。しかし、本人の健康維持、胎児(お腹の中の赤ちゃんのこと)、ならびに授乳のためにはバランスのいい食事が必要です。下表の組み合わせの飲食は最大危険時を想定したものですが、毎日続けた場合、約82日間で胎児甲状腺の被曝は50mSvになります。現在のところ入手できる食品にはほとんど汚染がなく、水道水汚染もありません。しかし、爆発など起きるとまた汚染が心配されますので、報道等にはご注意下さい。

最大危険時を想定した食事内容(*1.0キログラムあたり)と摂取ベクレル
水道水   100ベクレル* 1.6リットル 160ベクレル⁑
野菜    2000ベクレル* 300グラム 600ベクレル⁑
牛乳    200ベクレル* 200ミリリットル 40ベクレル⁑
チーズ 200ベクレル* 50グラム 10ベクレル⁑
魚介類   2000ベクレル* 100グラム 200ベクレル⁑
肉・卵・その他 200ベクレル* 500グラム 100ベクレル⁑
穀類 200ベクレル* 300グラム 60ベクレル⁑
1日あたりの飲食による総ベクレル 1170ベクレル⁑
摂取したベクレルの総量に0.00047をかけると胎児甲状腺被曝量(mSv)になります。
摂取したベクレルの総量に0.00032をかけると母体甲状腺被曝量(mSv)になります。
1日に1170ベクレル摂取すると、胎児甲状腺被曝は1日あたり0.55mSvとなり、82日で45mSvになる(残り5mSvの被曝は母親の大気から暴露を想定している)。計50mSvの被曝を受ける場合、水から11.1mSv、野菜から11.1mSv、乳製品から11.1mSv、その他の食品(穀類、肉、魚介、卵など)と大気から16.7mSvの被曝を受けることを想定している。

Q6.
粉ミルクを飲んでる赤ちゃんは安心ですか?
A6.
粉ミルクを汚染した水道水で溶かして飲ませた場合の話です。仮にその水道水が1リットルあたり100ベクレル含み、毎日0.8リットル(800ミリリットル)その赤ちゃんが飲み続けた場合、200日で赤ちゃんの甲状腺被曝量は50mSvに達します。(乳児の場合には摂取ベクレルに0.0028をかけると乳児甲状腺被曝量になる。例えばこの場合、1日あたり80ベクレル飲むので、200日では 80×200×0.0028=45mSv, 残り5mSvは乳児が呼吸により被曝することを想定している)。

Q7.
その他、被曝量を少なくするための注意はありますか?
Q7.
野菜や魚介類表面には放射性ヨウ素が付着している場合がありますので、よく洗ってから調理するようにします。もし、水道水汚染の発表があった場合には、1日~2日間、冷蔵庫保存してから飲むと、放射能を9%~18%程度減少させることができます。ただし、2日以上保存した場合は細菌が増えている場合がありますので、一旦沸かしてから飲むようにすると安心です。



被災された方々へ心よりお見舞申し上げます。
被災され亡くなられた方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



《がんばろう東日本》
タリーズコーヒーでは、東日本大震災チャリティードリンクとして、「ティラミススワークル(R)」と「ショコラミントスワークル(R)」が発売されています。これらドリンクの売上の一部が「赤い羽根共同募金」を通じて寄付されるとのことです。

Comments 0

Leave a reply