Suzuka@つくば虎梅荘

Suzuka@つくば虎梅荘

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

原発事故発生から3ヶ月以上経過しましたが、国も東電も何も対策しようとしません。

地域や施設の放射線量測定も、除染も、個人や地方自治体まかせで知らん顔です。

一個人が子供のためにと20万円以上する放射線量測定器を購入したりして自衛している中、東電は、計画停電の時と同様、放射能汚染されている地域の住民に対してまで、節電や電気料金値上げを要求している有様です。

自分達の失敗の後始末を、一部の現場作業員と私たち消費者におしつけたまま、政府と東電のえらい人達は、今まで隠蔽していたデータをいつどういう形で発表していくかくらいのことしか考えていないもようです。

ありえない恥知らずな態度と思います。

東電が責任をもって汚染を取り除いて、元通りの生活環境に戻してくれたなら、1ヶ月の電気料金が1万円増しになったとしても喜んで払います。

でも、汚染は放置で『そのまま被曝しつづけてください、それはそれとして電気料金は値上げしますから』というのは1円たりとも納得がいきませんね。

化石燃料の節約という意味では節電は必要と思いますが、東電の尻拭いのためというならまっぴらです。

こんなダメダメな企業のせいで、自分や身内(犬も含めて)が、がん死するような羽目になったら末代までたたってやるから


さて・・・。

武田教授のブログによれば、何も対策しなかった場合の総被曝量(外部被曝+内部被曝)は大まかに考えて、空間線量(いま東京都内100カ所をはじめとして各地域でガイガーカウンターで測定している線量)の4倍と考えてよいのだそうです。

すなわち、

外部被曝量(=空間線量値)
呼吸による内部被曝量
飲水による内部被曝量
食物による内部被曝量

を、それぞれ1:1:1:1として積算してよいとのことです。

その場合、総被曝量は、

マスクもせず、飲食物もすべて地元でまかなう人=空間線量の4倍
マスクはしなかったけど、飲食物は非汚染のものに限定していた人=空間線量の2倍
外出時はマスクを掛け、飲食物を非汚染のものに限定していた人=空間線量とほぼ同値

と考えてよいのだそうです(詳細は武田教授のブログを参照してください)。

内部被曝量は、専用の機器(ホールボディカウンター)で計測した値をいろいろな条件を考慮しながら校正して算出しないといけないのですが、武田教授が教えてくれたように考えれば誰でも簡単に計算できますね。

一点だけ、武田教授の誤算なのか、国の『想定外』が多すぎるせいなのか、水については武田教授のブログ(3月25日執筆)にはあまり心配いらないと書かれていました。

武田教授の揚げ足取りが大好きな人が多いので、その点について説明を加えると、実際のところ、茨城でも水源(霞ヶ浦水系)は武田教授の予想通り大丈夫だったのです。

しかし、降り積もった放射性物質が雨で洗い流されて浄水場に流れ込んだために水道水は一時期大丈夫ではなくなりました。

そんなことは十分に予想できたはずなのに、国が適切な指示を各市町村(浄水場を管理)へ出さなかったためにみずみす水道水から高濃度の放射性物質が検出されるような事態になったのでした。

ちょっと話がそれましたが・・・

すなわち、現住所で暮らし続けながら放射線被曝から身を護る方法といえば、無用な外出を避けるとか、外出時にはマスクをつけるとか、汚染されたものを飲食しないとか、身の周りの除染するとか、くらいしかないということになりますが、それだけでもかなり被曝量を減らせるということです。

除染については、本来なら、東電が菓子折りのひとつも持って謝罪にきたうえで、汚染した表土を取り除いて回収したり、屋内外を掃除したりするのが筋でしょうが、いつまで待っていても来そうにありません。

となれば、自分たちでできる範囲で除染しないといけません。

ただし、こちらのブログにもありますが、空間線量だけで年間10mSv以上となるような高濃度汚染地域では、側溝や雨樋等にたまった土埃はかなり高い線量である可能性が高いので、除染作業によって大量に被曝してしまう危険がありますので、注意が必要です。


さて、我が家の除染ですが・・・。

こんなことを言うとよけいに嫁き遅れる(って、まだ嫁にいくつもりだったのというつっこみはなしで)かもしれませんが、私は、元来はそんなに几帳面に掃除をするタイプではなく、部屋の四隅に犬の毛がうっすら吹きだまっているくらいは意に介さず、大変鷹揚にかまえていたものです。

犬達が泥足で室内へ乱入しても全く動じることはありませんでした。

しかし、土埃や塵に放射性物質が吸着している(電位の関係で、放射性物質と土埃はくっつきやすいのだそうです)となれば話は別です。

私は、いまや松居一代がのりうつったかのようにお掃除大好きおばさんと化し、暇さえあればどこかを拭いているという日々です(爆)

現在、私の部屋も犬スペースも、毎日朝晩洗浄&拭き掃除しているので、いまだかつてないほどピカピカです

放射能汚染が始まってから3ヶ月が経ったいまでは、ピカピカ状態がデフォになってきました。

これなら嫁の貰い手もあるかもしれません(爆)

とはいえ、毎日のことなので、できればなるべく楽に掃除ができるようにしたいものです。

犬スペースと接している私の部屋は、犬の出産・育児室兼用にするために、4年前に床をINAXのタイルにしてもらったので拭き掃除がしやすい造りです。

犬スペースも、試行錯誤しながら何回かリフォームを重ねてだいぶ掃除をしやすい造りになっていました。

ただ、放射性物質を除染するという点ではいくつか問題がありました。



1点目は、犬スペースに接しているテラス(人間用の物干スペース)。

床が、こんな仕様でした
110616_pre_1.jpg
排水口の周りのプラスチックタイルをどけた状態です。
プラスチックタイルの網目や下に土埃がたまりやすく、取り除きにくい造りでした。


110616_pre_2.jpg
プラスチックタイルの下は、何層にも折り重ねた防水シート。
重ねてあるだけで貼り合わせていないので、防水シートの間に土埃が入り込むのでした。

犬スペース前のテラスの床は、掃除がしやすいように4年前に全面ゴムシートに張り替えてもらっていたのですが、人間が使うこっち側は新築時の仕様のままにしてありました。

タイルの下や防水シートの間にたまった土埃はシーズン毎程度(年に3~4回)、汚れがある程度たまったところでまとめて掃除しており、それで何の不都合もありませんでした。

しかし、土埃に放射性物質が吸着しているとなれば話は別です。

毎日簡単に洗い流せるように、こちら側の床もゴムシートに張り替えてもらうことにしました。


こちらがリフォーム後
110616_post_1.jpg
いつもお世話になっている工務店さんの施工です。
社長さんがとてもセンスが良い方で、私も母も社長さんの大ファンです。
ちなみに画面を横切っている黒い配線は防犯カメラの配線です。

滑り止めの凹凸が模様程度にありますが、全体的には真っ平なので、どこかに土埃がたまって取り除きにくいということがなくなり、掃除がぐんと楽になりました。



2点目は、犬スペースのシンク周り。

犬達(甲斐はやりませんが)シンクの排水ホースをかじるのを防止するために、シンク周りに柵を立てていました。

柵が倒れないようにコンクリートブロックを置いて支えていました。

しかし、それだと、床を水洗いする際に、ブロックと柵をいちいちどかさないと、犬の毛や埃が柵の下の部分やコンクリートブロックに引っかかってしまうので大変面倒でした。

そこで、柵を、立てるのではなく吊るすことにしました。


リフォーム後(つくば虎梅荘工務店施工ww)
110612_net_1.jpg



市販の粘着式フックで柵を吊るしています
110612_net_2.jpg
柵の下縁と床の間が3cm程度あいているので、水を流した時の排水溝までの流れもスムースになりました。


これでだいぶ除染作業もラクになりました。

今後の犬達の被曝量をかなり減らせるようになったと期待しています。



そんなに被曝が心配なら犬達を室内に入れたらいいじゃない、と思われた方もいらっしゃると思います。

これについては相当迷いました。

私が常時家にいられれば、あるいは有事にすぐ帰宅できる職業であれば是非そうしたいところでした。

しかし、私にはフルタイムの常勤の仕事があり、一日の大半は犬達に留守番してもらっています。

室内で留守番させるとなれば、なんでもかじってしまう福とまやすけはケージに入れておかざるをえません。

3月11日の大地震があり、その後も頻繁に震度4程度の余震が続いていたため、また地震が起きて家屋が倒壊したり、それに引き続いて自宅や近所で火災が発生した場合に、犬達が自力で脱出できないケージ内に閉じ込めておくのがためらわれたというのが一番大きな理由です。

余震がおさまってきた頃には大気中の放射性物質はかなり減少していて、室内とサンルーム内では被曝量に大差がないと推測された(KEKの放射線線量FAQより)こともあり、いろいろ考えた末に、犬達には今まで通りサンルーム内で過ごしてもらうことにしました。

その代わり、サンルーム内とサンルームに接しているスペースをこまめに除染する、雨や強風の日は散歩を休む、ミニスポットと予想される場所(水たまり、土の地面、草むら、芝生、雑木林)には近づけない、汚染された飲食物は与えない、散歩後は足はもとより身体全体を拭きシートで丁寧に拭く、などを徹底することにしました。

アスファルトで舗装された道路の真ん中しか歩かないので、ウンチは『うんちをポイ』でダイレクトキャッチ、オシッコはバケツで水を持ち歩いて洗い流す(早めにオシッコしてくれないと重くて大変です)、という毎日です。

私が掃除好きになったのはいいとして、犬達が好きな農道や公園を散歩できなくなったこと、散歩中に草を食べさせてやれなくなったことを、とても残念に思います。

昨年のゴールデンウィーク頃には、こんな風に豪快に道草を楽しんでいたのに。

あまり残念がってばかりいると免疫機能が低下してしまうおそれがあるので、効果的な除染方法を工夫したり(前にも書きましたが、私、けっこうそういう工夫をするのが得意なんです)、額に汗してお掃除する充実感を味わったり、ピカピカの我が家を楽しんだりして、過ごしていこうと思います。



最後にもうひとつ。

15年近く愛用していたパルシステムをやめました。

理由は、政府と東電が事実を隠蔽していた時期は仕方がないとして、いまだに野菜や果物や魚介類の産地が選べないこと、放射能汚染に対する生協の対処の仕方が間違ったまま改める気配がないことです。

生協と同じようなコンセプトの『らでぃっしゅぼーや』は、同一野菜で産地を選べる(汚染地域と非汚染地域)とのことでした。

消費者にとっては有り難い配慮ですが、それでは汚染地域の生産者は全く売れないか信じられない安値で売るかになってしまうことでしょう。

生協は、生産者も消費者も『会員』です。

生協のような巨大組織であれば、一方の会員(生産者)を守るために、もう一方の会員(消費者)をないがしろにするという現状の方向性以外にも方法はあったはずです。

『汚染地域で作られた農産物については、入荷はせずに今まで通りの代価を生産者に支払い、その分のお金は、売り物にならない商品なので弁償してくれと東電に要求する(個々人では力が弱い生産者の代わりに生協が巨大組織として東電へ抗議し補償させる)』

『非汚染地域の生産物の販売価格を上げて、その値上げ分を義援金として汚染地域の生産者へ支払い、汚染された産物は一切販売しない(会員同士の助け合いという本来の生協の形であり、いつ誰にいくらづつ配られるかわからない赤十字等の義援金よりも直接生産者へ支払う形がとれるので迅速かつ明快)』

という方法もとれたはずです。

個々人では泣き寝入りするしかない状況でも、大きな組織としてならそういう対応ができた可能性があります。

しかし、生協ともあろうものが、一方の会員(生産者)を守るために、一方の会員(消費者)へ汚染された飲食物を売って被爆させるという方法を選んだのは大変残念なことでした。

私が上記にあげた提案は社会通念上は通用しにくいこどもじみた考えなのなのかもしれませんが、基本的な考え方としては多くの消費者にも受け入れてもらえると思いますので、流通や経済に詳しい人が実際的な形式にアレンジして生協に提案してくれたらいいなあと思います。

とくに後者にあげた方法は、消費者が被曝のリスクを負うことなく、目に見える形で直接、生産者の方々を応援できる、よい対処方法だと思うのですが・・・。


長~い文章を読んでくださって
ありがとうございました♪
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
Posted by

Comments 11

There are no comments yet.
アキママ  
色々工夫されていますね。

ウチはマンションだから掃除と言っても普段とあまり変わらないです。窓を開けるのは減らしていますが。 外出は減りました。移動も徒歩から地下鉄へ。マスクは暑いので時々。ペットボトルの飲料水・西の野菜や果物(時々長野産も)・味噌・醤油・粕漬け・納豆・安全そうな魚・・・。卵と牛乳は控えています。スイーツも減らしています。そろそろ西から取り寄せに切り替えようかと思っています。子供のいる家庭はとっくに通販で西から取り寄せていますね。卵が一個90円とか。  東北や関東の汚染地帯の食糧は、高年齢層(60歳くらいから上とか)限定にすればいいのではないかと思います。安全な食糧は感度の高い年齢層に優先するとか。
政府のやることは、外国の例を調べてみても、期待できないですね。チェルノ事故の後、ヨーロッパに拡散した放射能を心配無いと言っていたフランス放射線防護中央局(SCPRI)局長をつとめていたピエール・ペルラン教授(88)が最近訴えらていますね。安全宣言を信じたフランス人がフランスの汚染された食糧を食べて癌になったのです。なにも旧ソ連だけの話ではないのです。旧ソ連はもっとヒドイですけどね。
ドイツ場所によっては今でも森で狩猟した猪は食べないそうです。また、肉類は線量を計測するようです。25年経過しても影響があるって事ですね。本当にやっかいだなぁ。
時々安全な地域に旅行に行って安全な野菜を沢山たべようと画策しています。ちょっとは楽しいでしょw

2011/06/18 (Sat) 06:37 | EDIT | REPLY |   
アキママ  
今日は線量計が

頻繁に反応しています。原発で何か作業してるのかな。チェック回数を増やそうっと。

2011/06/18 (Sat) 06:48 | EDIT | REPLY |   
Suzuka@つくば虎梅荘  
アキママさん♪

今日の午前中は車の除染作業をしました。
車の中って、掃除がしにくいですねぇ。
セルフの洗車コーナーで、砂粒や土埃をクリーナー(5分100円)で吸い取って、マットを洗って、ラゲージカバーを洗って、内部をすみずみまで『重曹+グリセリン』で拭いて・・・。
ゴーグルとマスクと手袋の重装備でのぞんだので、ちょっと不審者っぽかったかもしれません(笑)
車内は手が届く範囲はすべてきれいになったので大満足です。

食べられる食材が減ったせいなのか、外食を一切しなくなったせいなのか、体重が自然にキープされています(笑)
バケツ持参の犬散歩のおかげか、除染の日々のおかげか、筋肉もついたようで、体脂肪率が19%を切りました。

酵素が大事、ってアキママさんに教えていただいたので、西の方の野菜を入れたお味噌汁を毎日最低1杯はのむようにしています。
味噌の原料は秋田県産大豆、昆布だしとカツオだしは震災前に製造されたものです。
生のフルーツ(外国産で信用できるもの、九州や四国のもの)やストレートタイプのリンゴジュースも毎朝とるようにしています。
あとは米国産のサプリで、ラクトフェリンとレスベラトロールをのんでいます。

WHOでもICRPでも、放射性物質で汚染された飲食物は『飢え死にしそうならば仕方がないから食べなさい』という言い方です。
震災直後で交通路が遮断されていたりガソリンが不足していた頃ならともかく、今の段階でもまだ汚染された飲食物を食べてよしと言いつづけているのはかなり異常です。

線量計の反応・・・。
昨夜、都内近郊から福島第一原発へ向けて大型の輸送車両が常磐道と北関東自動車道経由で、何かを運んでいったようです(ラジオの交通情報で言っていました)。
それらの車両が福島から戻ってきたせいなのでしょうかね?

測定器、高校時代の同級生(物理学関係の仕事をしている)がマイ測定器を貸してくれるそうなので、線量を測るのを楽しみにしています。
これだけ頑張って除染しても、家の中まで高い線量だったら、旅に出ますよ(笑)

2011/06/18 (Sat) 14:04 | EDIT | REPLY |   
アキママ  
えええっ!?

体脂肪率19%切ったのですか! ほげー(汗)
さっき泣きながら(なんで泣くんだw)洗面所に駆けこんで体脂肪測ったら・・・。ぶわー(号泣音)。何とかしなくちゃ・・・(大汗)
頑張ります!

2011/06/18 (Sat) 19:43 | EDIT | REPLY |   
ゆたぽっぽん  
では僭越ながら…

щ(゚Д゚щ)クレッ!!

い、言うだけ言ってみましたぁ~(^o^)/

…(  ̄_ ̄)


すげ~ぞ@つくば虎梅荘工務店

今回に限らず・・・
仕事ってそういうものだと思うんですが、
経営側、仕事をする人、利用する人
この3つが皆、幸福を得られるようにすれば
大成功間違いなし!
東電やおかみはいいじゃないですか、
悪さしたんだもの、損するの当たり前。
(て、1つも損をしなそうだけども…)

正論は、案外受け入れられないものなのか…
(自分で正論とか言っちゃってるし)

それはそーと、
太子19%だとおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ

…(  ̄_ ̄)ワシモ ニジュウダイハ フツウ(ノタイケイ)ダッタノヨ…

2011/06/18 (Sat) 21:03 | EDIT | REPLY |   
Suzuka@つくば虎梅荘  
アキママさん♪

たしかに脂肪はそんなに多くないと思いますが、体脂肪計が、むくみの部分を筋肉として計測しているかもしれません。
見た目、全然筋肉質じゃないですし(笑)

2011/06/19 (Sun) 10:57 | EDIT | REPLY |   
Suzuka@つくば虎梅荘  
ゆたぽんさん♪

つっこみにくいネタにつっこんでくださってありがとうございます
m(_ _)m

他人を殴って怪我をさせておいて、加害者の方が『ただちに失血死するほどの出血じゃない。あとで傷口から黴菌が入って死ぬかもしれないけど、黴菌は傷口以外からも入る可能性があるからこの怪我が原因かどうかはわからないしね』って言っているのと同じ状況ですもの。
どう考えても、東電と国と御用学者が言っていることの方がおかしいでしょう。
『利権が失われる上に補償で大損害だよ~』とパニック起こしておかしな理論をふりかざしているのは国と東電と御用学者達の方で、被害者と被害者側にたってくれている人達は冷静に正論を言っていますよね。

2011/06/19 (Sun) 11:05 | EDIT | REPLY |   
ゆたぽっぽん  
No title

あ~そうそう。

1:1:1:1の理論、これはナイスです。

4倍×時間で、およその積算量と見ていいのか(@@

だいたいの目安でいいんです、
誤差が数倍とかにならないのであれば。

わしらは、ただの一般人。
放射線を学問しようという気などミジンコもない。

0.1μだとぉ…0.4μになって
年間概ね1万倍として、4mSvすね。
なにも考えないで素で過ごしたとして、およそこれが上限であると。

空間線量も落ち着くまでは、そこそこ変わるようですが
目安として大変に参考になりました(・∀・)

2011/06/19 (Sun) 12:37 | EDIT | REPLY |   
Suzuka@つくば虎梅荘  
ゆたぽんさん♪

地元産といっても、甲斐産物・・・じゃなかった、海産物は別枠とみて気をつけた方がいいと思います。
燃料に直接触れた汚染水を海へ流したり漏らしたりしていますからね。

2011/06/19 (Sun) 12:55 | EDIT | REPLY |   
アキママ  
効果あるかも

食事を放射能対策モノに変えてから、調子が良いかも。
玄米・味噌汁・粕漬け・ぬか漬け・納豆・豆腐・西の野菜・リンゴなどを増やした。時々ヨーグルト。
で、脂っこい洋食やスイーツを激減させた。
最近、内臓と肌の調子が良いです。
それと・・・。オ○ラのニオイが殆どしなくなった!
ニオイが強いのは腸内環境が悪いからと聞いた事があったけど、本当かもしれない。
良さそうなので続けます(^-^)

2011/06/20 (Mon) 09:22 | EDIT | REPLY |   
Suzuka@つくば虎梅荘  
アキママさん♪

確かに健康に良いとされるものばかりですものね。
魚介類が食べられないのが痛いですけれど。

腸内環境正常化は免疫力向上につながりますから、大事ですよね。
掃除好きになったのと同様、食生活もずいぶんと変わりました。
パンやパスタが大好きだったんですけど全く食べなくなり、発芽玄米御飯に。
乳製品(生クリームとかチーズとかバターとか)も大好きだったんですけど全く食べなくなり、豆乳とか甘酒に。
『世の中には美味しいものがいっぱいあるのに、それに毒をまぜられてしまった』ということがとても残念です。
パルシステムをやめるにあたり、たまったポイントでホームベーカリーをもらうことにしたので、自分が確かめられる材料でパンを焼いて食べるのを楽しみにしています。
せっかくキープしている体重と体脂肪が一気に増えちゃうかも(笑)

2011/06/20 (Mon) 22:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply