『Shi-Ba』甲斐犬愛護会展覧会リポート掲載号発売♪

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ



雑誌『Shi-Ba』の2012年1月号(2011年11月29日発売)に、先日の第134回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会のリポートが掲載されているようです。

いつ発売の号に掲載されるんだろう、まさか次回発売号じゃ早すぎるよね、と思っていたのですが、そのまさかの次回発売号の表紙に『甲斐犬展覧会に潜入!』の文字が見えました

さっそく、Amazonでポチして購入しました

今日、仕事から帰宅したら届いていました♪

わくわくどきどきしながら特集ページを開きました。




結論からいうと・・・

うちの犬の写真は全く掲載されていませんでした

というか、参考犬披露の写真は一枚もありませんでした

(うちの月の写真がボツになったのはもちろん残念無念!!!でしたが、それよりも、会報の白黒写真では伝わらない『榛名の英心号』の美しい虎毛を載せていただけなかったのがとても残念でした)。




気を取り直して、記事内容についての紹介と感想ですが・・・。

『甲斐犬展覧会に潜入!』と題して、カラーページで3ページの特集を組んでくださっていました。

写真は、個体審査(彩の国井上荘のIさん)と総合審査(何の部か不明)風景が1枚づつ、あとは総合優勝犬と準優勝犬の写真と、バックヤード(彩の国井上荘のIさんのグループ)の集合写真、虎毛や毛質の説明写真(犬の顔は写っていない)、他犬種との異種多頭飼いのお宅のわんこの写真などが掲載されていました。

壮犬の牝の部六席と紹介されているわんこの写真にははっきりとおちんちんが写っているのですが・・・牝の部に出たんでしょうか(謎)

うちの犬の写真を載せてもらえなかったことはもちろん凹みましたが、それよりも、この日のために丹精こめて育成された多数の甲斐犬が一堂に会した迫力ある総合審査風景や、厳しいながらもほのぼのとしたあたたかみもある愛護会展覧会独特の雰囲気が、文章からも写真からもあまり伝わってこなかったのが残念でした(総合審査風景も犬は3頭しか写っていませんでした)。

写真に関しては、当日の天候が不良だったことがかなり大きな要因だったとは思いますし、柴犬の雑誌で甲斐犬の特集を組んでいただけること自体ありがたいことでもあったのですが・・・。

何十冊も買わなくてすむことになってよかったんだか悪かったんだか




一頭づつ個別に撮っていただいた参考犬の写真を
掲載してもらえず凹みまくっている親馬鹿飼い主
に励ましのぽちっをお願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

entry-810.jpg

仔犬は、仲間や先輩の犬舎でも随時産まれておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお申込フォームから。

御家庭の事情で、ある程度成長した犬を御希望という場合にも
お役に立てると存じますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お申込フォームの御要望欄にその旨をお書きください。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_






犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


いぬのきもち&ねこのきもち GREEN DOG 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』







Comments 7

雅&龍の母

あっ・・・!!私も~^^

ふっふっふ~(^m^)

私も、早速ポチしちゃいました^^

明日には着くかな~

2011-11-30 (Wed) 15:48 | EDIT | REPLY |   

雅&龍の母

えぇ~~っ!!

仕事から帰ったら、届いていたamazonの箱。
うきうきわくわくで開けたのに・・・

えっ!?こんだけ!!

隣近所に、月影丸のお母さんを紹介しようと思ったのに~
無残にも崩れ去りました(涙)

2011-12-02 (Fri) 00:55 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@つくば虎梅荘

雅&龍の母さん♪

ねぇ・・・(_ _;;)

参考犬披露の写真はちっちゃくても全頭載るにちがいないと楽しみにしていた分、かなり凹みました。
やっぱり自分の犬の写真は自分のブログで紹介するしかないっすねぇ(涙)

2011-12-02 (Fri) 07:15 | EDIT | REPLY |   

ねこた

私も、知ってる方のわんこさんが紹介されていたので、この号、買いました。
そしたら、愛護会展のレポートが! らっき~★と思って読んだのですけども・・・。
う~~~~~~~~ん(・_・;) って感じの内容でしたね。
わざわざ山梨まで取材に行って、この内容??? みたいな。

2011-12-02 (Fri) 23:03 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@つくば虎梅荘

ねこたさん♪

ねこたさんもそうお感じになりましたか?
月の参考犬の写真がボツにされていたショックでそういう風に感じただけかしらんとも思ったのですが、やっぱりそうですよねぇ・・・。
成犬牡が38頭も並ぶ機会なんて滅多にないのに・・・。
それどころか、他の展覧会(日保やJKC)では甲斐犬が10頭以上並ぶことでさえないというのに・・・。
あの、右をみても左をみても前を向いても後ろを振り返っても足下をみても、リングに出る子も出ない子も、とにかく甲斐犬だらけ!!っていう光景が甲斐犬愛護会展覧会の醍醐味なのになぁ、って残念に思いました。
審査員の先生の視点についても、だからどこを重視してみているのかということには全く触れず・・・。
吠える犬が減点される理由の考察も見当違いですし・・・。
ひっそりと韮崎の河川敷で開催されている愛護会展を紹介してくださったことと、総合優勝犬と寺田記念杯犬の写真がカラーで紹介された(甲斐犬愛護会の会報は白黒なので)のは素晴らしいことだと感謝していますけれども、期待していた分がっかり度も無限大でした。
ボーナス(出るのかな?)をすべてShi-Ba購入につぎこまずに済んでほっとしたような寂しいような複雑な気持ちです(笑)

ねこたさんのお知り合いって四国犬のテツくんですか?
あの記事はよかったですよね、何回も読み返しちゃいました。

2011-12-03 (Sat) 20:45 | EDIT | REPLY |   

熊兄

私も

買いました。
待つのがじれったいので、本屋に向かいましたよ。
手にした時には表紙の見出しにわくわくしたんですがねぇ。
私が想像を膨らませすぎたのがいけなかったのか。
もっと俯瞰的に会場の雰囲気がわかるような描写がほしかったです。

顔見知りの異種多頭飼いの老甲斐犬が載ってたのは驚きました。


2011-12-07 (Wed) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@つくば虎梅荘

熊兄さん♪

いやあ、期待も想像も膨らむというものですよねぇ・・・。
次号で『続編』やってくれないかなぁと未練たらしく期待してみたり・・・。
そういう私のホームページやブログは、ちゃんと愛護会展の魅力を伝えられていたのかなぁと反省してみたり・・・。

私が自分のホームページやブログや会報への投稿を通じて一番伝えたいこと、そして今回の特集でも一番伝えてもらいたかったのは、展覧会に出陳されている犬達が、決して『特別な甲斐犬』ではないし、『特別な甲斐犬』であってはいけないということでした。
出陳されていた150頭近い犬達は、一年にたったの二回リングに上がっている時以外は、家族を護る頼もしい番犬であり、心を寄せ合う伴侶であり、子供や弟妹と同じような存在の犬達が圧倒的多数を占めています。
そして出陳したならではの出会い(出陳目録には両親犬の名前が載るので親戚犬の飼い主さんが声をかけてくださったり、入賞できなくても好きなタイプの犬だと褒めてくれる方がいらしたり、競い合うことで天然記念物を保存するという同じ目的をもった仲間になれる)があり、そういう交流が天然記念物甲斐犬の保存と犬質の向上につながっているのだということをわかりやすく書いてもらいたかったなぁと思いました。
そして、だからこそ、愛護会の展覧会は『敷居が高くない』のであり、高くしてはいけないのだということを強調してもらえたらと思いました。
ただ、敷居が高くないと書かれても、実際には初めて愛犬を出そうと思う時には結構勇気が要りますし、他人(審査員の先生)に自分の家族を評価し順列をつけられるというのはとても難しい問題を抱えていますから、出陳することの意義や意味をきちんと理解し納得していないと、いたずらに悲しい思いや悔しい思いだけを抱えて帰り二度と展覧会に参加しなくなるという最悪の結末を迎えかねませんから。

2011-12-08 (Thu) 20:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply