万力公園(山梨市)♪

山梨市の万力公園に遊びに行きました。

初めて行く場所なので、ご老体のプー様と、どういう動きをするか読めないまやすけはお留守番で、甲斐・月・福の3頭を連れていきました。

万力公園は「万葉の森」をテーマに造られた広大な公園です。

「万葉の森」と謳うだけあり、公園内には万葉集に謳われた植物が遊歩道沿いに植栽され、各々の植物のネームプレートには、その植物が歌われた万葉和歌が添えられていました。


120926_info.jpg
春の道、夏の道、秋の道、と名付けられた林の中の遊歩道と、ところどころに開けた広場、茶室(休憩施設)、レストラン(市民会館内)、動物広場(!)からなる広い公園でした。



噴水広場にあった人工滝
120926_fall.jpg


笛吹川沿いで、園内にも沢山の小川や噴水(↑な人工滝も)があるせいか、まだ日が高い時間帯だったのに涼しい風が吹いていました。


林の中の遊歩道
120926_park_1.jpg
120926_park_2.jpg

遊歩道は、松をはじめとした雑木林の中にあり、薄暗かったです。

薄暗い分、涼しくてよかったのですが、立ち止まると蚊がたかってくるので、せっせと歩き続けなければなりませんでした。

犬達も私も母も、はじめて来た場所、しかも野鳥の気配に満ちあふれた自然いっぱいの公園なので、張り切って歩いていきました。


園内の小川では蛍がみられるそうです。
120926_info_hotaru.jpg



雁行堤の案内板
120926_gankozutsumi.jpg

説明文が非常に興味深かったので引用します。


******************************
昔から伝わる洪水を防ぐ方法に、甲州流川除方というのがあります。
この方法は、武田信玄公の考えを基にしたものとも言われています。
ここに有る「雁行堤」も甲州流川除方で築かれています。
武田信玄公の軍の戦いかたに「雁行の陣を立て、一陣が破れても、二陣の備があり、二陣が破れても、三陣四陣と敵にあたることができる」とある。
そこで洪水を敵軍にたとえ、空を飛ぶ雁(がんがも科の渡り鳥で、かもより大きい鳥)の列のように堤防をならべて築くことにより、川の流れを弱め流れを変えるようになったのです。
天正11年9月(西暦1583年)笛吹川の大洪水で、この辺から甲府にかけての田畑があらされました。
その後ここに「雁行堤」が築かれたのでした。
今では、ほとんど砂に埋まっておりますが、高さは約5.5m、長さは33mで大きな石をたくさん積み重ねて出来ています。
******************************




公園内にはなんと動物園までありました。
120926_zoo.jpg


犬連れだったので園内に入れず残念でした。

でも、園内以外の遊歩道脇には犬連れでも会える動物達がいました。

噴水広場の手前にフラミンゴ、クジャク、水鳥。

ただし、月が襲おうとするので 、ゆっくり眺めることもできず早々に立ち去り・・・(;´Д`A



シカの放飼場
120926_deer.jpg

『わぁ♪ シカがいる〜』と喜んだのも束の間、月だけでなく福までが檻ごしにシカと威嚇しあって大変なので、ここも早々に立ち去り・・・
ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ


公園の北端にあるちどり池
120926_pond.jpg



動物広場の動物達とはゆっくりふれあうことができませんでしたが、森林浴効果満点の林の中をいっぱいお散歩でき、笛吹川の上を通った涼風に癒され、万葉和歌の世界に誘われて(立ち止まると蚊に刺されるので、ささっとふれあったのみでしたがww)高尚な気分も味わえ、犬達も私も母も大満足でした。

金川の森につづき、お気に入りの場所ができて嬉しいです。



夕食は、山梨市駅ビル内の『のんきばぁーば』でいただきました。

おすすめの『ほうとう』は家庭的な味で和みました。

甲州名物の鳥もつと手作りキムチのコラボ『キムチ鳥もつ』も、ほうとうとよく合いました。

ばぁーばさんに『山梨はとっても住み易くていいところよ♪』と力強くおっしゃっていただいて嬉しかったです。

他にも、各種定食や、豊富なおつまみ類があり、是非リピートしたいお店でした。

金川の森の帰りには『こくぶ亭』(笛吹ワインとバルサミコ酢を加えた味噌かつ丼がメニューに加わりました♪)か『イタリアントマトクラブ』(河口湖HEIDI'S GARDEN内にもイタリアントマトクラブ1stがオープン)、万葉の森の帰りには『のんきばぁーば』『四季彩 まさご』か『ウエストマウンテン』♪



甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村



花鳥風月  【麻屋葡萄酒】

花鳥風月  【麻屋葡萄酒】
価格:2,100円(税込、送料別)


Comments 4

ねこた

ひゃ~~~~。懐かしい名前! 万力公園ですかぁ。
小学生のときの遠足で行った気がする・・・。あと、高校のときの強歩大会(そんな名前のマラソン大会があるのですよ)では、万力公園に集合して、そこから山2つ越えて高校のグラウンドに戻るコースでした~。

でも、万力公園自体は、あんまり覚えてなかったです。動物園もあるんでしたっけ。
月さん福ちゃんも、Suzukaさんやお母様とはまた違った楽しみ方(?)ができたようで。みんなで楽しめて、素敵なおでかけでしたね~♪

2012-09-27 (Thu) 13:22 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@つくば虎梅荘

ねこたさん♪

懐かしかったですか♪
万力公園には、なんと動物園もあったんですよ〜。
山梨市HPによると、
『シカ、フラミンゴ、クジャク、リス、ウサギ、サル、ワラビー、ヤギ、ハリネズミなど約50種類のかわいい動物たちに出会えます。』
とのことなので、冬になって駐車場に犬達を置いたままでも大丈夫になったら是非入園してみたいです。

それよりも『山2つ越えて』って・・・(爆)
ねこたさんの健脚はその頃に培われたものだったのですねぇ。

2012-09-27 (Thu) 22:05 | EDIT | REPLY |   

ねこた

甲府市内の公立普通高校(その当時、4校ありました)では、確かみんなあったんですよ、強歩大会。

よく話題になったのは甲府一高男子の、「学校から長野県の小諸まで一晩かけて走り、電車で帰ってくる」ってやつでした。走行距離110kmっていったかなぁ。(女子は別コースで、48kmとかだった気がします。)
小諸の目的地にはね、好意でリンゴを配ってくれるおばさまがいらしたそうです。走ってきた男子に、ひとつずつ手渡しで。
で、大会が近づくと、女の子はお目当ての男の子に手作りのお守りをあげるの。もらった男の子は、その子が意中の子であれば、小諸でもらったりんごを、その子のために持ち帰るんですって。なかなかいいでしょ(^^)
でも、複数の女の子からお守りもらって、どの子もキープしておきたい悪いヤツは、おばさまからいただいたりんごとは別に、帰りの駅かなんかで、キープ分のりんごを買うんですって~。

うちの高校は、距離は短かった(男子48km 女子38km)けど、そういうロマンチックな風習はなかったなぁ。
あ、ちなみに2つ越えたという山は、どちらもそんなに険しい山ではありませんでした。当たり前か。
太良が峠と愛宕山・・・だったかなぁ。

2012-09-29 (Sat) 14:57 | EDIT | REPLY |   

Suzuka@つくば虎梅荘

ねこたさん♪

やはり、ねこたさんの健脚(3kmでも短い散歩コースとは・・・)は、やはり高校時代に培われたものだったのですねぇ。
公立高校全部がやっていたとは驚きです。
それなのに、山梨県の女性は『日本一歩かない』というのはもっと驚きです。
高校時代に鍛えすぎた反動でしょうか(笑)

甲府一高のリンゴの話は素敵ですね♪
駅でキープ分のリンゴを買う話も、おばちゃんから見たら微笑ましい♪

2012-09-29 (Sat) 20:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply