ワクチン接種♪

12月29日、仕事(仕事納めとは名ばかりで、元旦の朝まで絶え間なく、きつく、あるいは緩めに拘束されているのですが)の合間をぬって、福を獣医さんに連れていきました。

来年始め頃(のはず)の交配に備えて、早目に混合ワクチンをうってもらうためです。

我が家では、今までだいたい2月に混合ワクチンを射ってもらっていました。

なぜ、2月なのかには一応理由があります。

故シーちゃん(ロングコートチワワ)が、フィラリア予防薬の副作用で肝機能障害を患ったことがあり、フィラリア予防薬の投与期間を避けてワクチン接種を受けるようになりました。

その頃は、チワワ2頭と甲斐犬1頭しかいなかったので、1回の受診で全頭のワクチンを済ませることができたため、プーと甲斐も故シーちゃんに合わせてフィラリア予防薬投与期間以外に接種を受けさせていました。

つくばでは5月中旬〜12月初旬がフィラリア予防薬投与期間だったため、その期間と狂犬病予防接種の時期を避け、さらに飼い主の都合上、忙しい年末年始や年度の切り替わり時期を避けていたら、2月接種になっていました。

そのうち、犬が増えて1回の受診では全員の接種が難しくなっても、シーちゃんが死んでからも、その習慣は続いていて、今年の接種も全員2月に受けさせていました。

月と福は、今年の接種から山梨の獣医さんで受けているのですが(プー、甲斐、まやすけはつくばの獣医さんでうってもらいました)、その際に『世界小動物獣医師会の見解では成犬の混合ワクチン接種は3年に1回でよい』と言われていました。

抗体保持期間や副作用のことを考慮すると成犬の予防はそれでよいみたいなのですが、1年前の接種で、胎仔にも十分な移行抗体がいくのかどうかが心配だったので、先生に聞いてみて必要なら追加接種してもらおうと思い、連れていったのでした。

福の順番の前に、可愛い柴の仔犬ちゃんが健康診断と混合ワクチンを受けていました。

その説明も聞こえていたのですが、やっぱり成犬になってからは3年毎の接種で十分と言われていました。

さて、福の番。

先生に懸念していることをうかがったところ、その辺は獣医師の間でも意見が分かれているところではあるが、妊娠を控えていても、5種に関しては3年以内は追加接種不要とのことでした。

5種に関しては、というのは、7種以上の混合ワクチンに含まれるレプトスピラは、ウィルスではなく細菌なので抗体ができにくく抗体価の維持も弱いため、レプトスピラ予防の必要がある場合にはレプトスピラ2種のみ1年毎の追加接種が必要とのことでした。

レプトスピラは、媒介動物(主にネズミ)が棲息しているような場所や、ドッグランなど犬がいっぱい集まるところに行く事があるならば、予防が必要だそうです。

うちの犬達は、河川敷で散歩しますし、ドッグランにもよく行くので、福にもレプトスピラ2種のみ追加接種してもらうことにしました。

ちなみに、レプトスピラは人畜共通感染症です。

もうひとつ、ワクチンのロットによっては抗体価維持期間が短いものもあるそうなので、なにがなんでも5種は3年に1回で良いということでもないみたいです。

体重測定と簡単な診察のあと、注射してもらいました。

副反応が起きないか、獣医さんの近くでしばらく様子をみたあとに帰宅しました。

さて、あとはちゃんと発情がきてくれるよう祈るばかりです。



山梨に移住して丸一年がたちました。

甲斐犬の本場で暮らせることに感謝感謝の毎日です。

震災の影響(あまり話題にされませんでしたが、茨城はかなり被災したのです。原発事故の影響も福島県の次に受けました)もあり、前回の仔犬達から3年半も間があいてしまいましたが、本場山梨の名に恥じない犬を作出・育成できるよう精進してまいる所存でおります。

来年もよろしくお願い申し上げます。



甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



うちの月にぴったりなロゴ(笑)↓

Comments 0

Leave a reply