10/23のツイート(漢方薬の汚染について)

tsukubakoumesou

@chidaisan その分、医薬部外品や健康食品に転用される可能性はあると思いますので、とくに妊婦さんが風邪を引いた時の葛根湯や、若い女性の月経不順に使われる当帰芍薬散などは病院で処方してもらう方がよいと思われます。
10-23 23:06

@chidaisan その後のガイドラインにしたがえば、ちだいさんの御心配通り合算40ベクレル/kgの汚染まで製品化可能となりますが、おそらくこの書き方だと『医薬品の漢方製剤』には汚染された生薬は使わないと思われます(他の西洋薬同様、医薬品はベクレルフリー)。
10-23 23:03

@chidaisan ツムラは、2011.10.1時点では『当社では、3月11日以降日本国内で産出された原料生薬は漢方製剤の製造には使用しておりません。』http://t.co/qjFr7bkT';ツムラ+放射性物質' でした。
10-23 22:57

@chidaisan 健康食品は危ないと思います。『桑の葉パウダー』騒動もありましたし http://t.co/odxw6Rv0
10-23 22:11

@chidaisan 漢方薬はツムラ製薬に確認してあります。外干しの生薬は汚染されていたそうですが、医薬品として販売するためにはベクレルフリーでないといけないので病院で処方される漢方薬には汚染された材料は使っていないそうです。
10-23 21:59





甲斐犬好きの方、ぽちっと
お願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

Comments 0

Leave a reply