Suzuka@つくば虎梅荘

Suzuka@つくば虎梅荘

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ


 前回の記事をアップしてから2週間強がたちました。

その前からもその後からも甲斐ちゃんの状態は刻々と変化しています。

人間と同じで、日々少しづつというよりも、数日〜十数日単位でがくっと階段を一段降りるように衰え、そこで安定して数日〜十数日・・・という繰り返しのようです。

腰から後肢が弱ってしまって後ろ趾を引きずりながら徘徊するため、後趾の肉球がすりむけて出血するようになりました。

徘徊途中でバタッと倒れ込んだりするようにもなりました。

そこで、甲斐ちゃんの徘徊場所を少し変えました。

8面で八角形だったサークルの2面を重ねて折り、六角形に縮小。

サークルの場所も犬スペースからリビング内に移しました。

炬燵敷を買って来てタイル床の上に敷き、足をひきずっても傷めにくいようにしました。


kai_circle.jpg
炬燵敷のサイズをちょっと間違えました (⌒_⌒;
サークルの手前半分まで床暖房が入っています。


丸まって寝ている時間が長いですが
kai_up1.jpg


床暖房部分では寝そべっています
kai_goron.jpg



そんな老衰街道邁進中の甲斐ちゃんですが、この間、御飯はしっかり食べています。

寝ていても、御飯をもって近づくとムクッと起き上がってこちらへ突進してきます。

ただし、美味しいものに限っては(笑)。

甲斐ちゃんは中型犬ひとりっこ時代が長かったので、月以降の犬達と違っていろいろな味を知っていました。

展覧会に出始めた頃、高速サービスエリアで、焼きおにぎりと豚バラ串の屋台の前でオスワリして勝手に順番待ちを始めたりしました(笑)

お店の人が大笑いしながら『ひとつ買ってあげなよ〜』と言うまでもなく、甲斐の笑顔と教えてもいないのに完璧なオスワリに悩殺され、焼きおにぎりと豚バラ串を二人前買って、サービスエリアの隅っこで二人で分けて食べたのを懐かしく思い出します。

初めて出陳した展覧会でも、リングではしょぼくれていた甲斐が、お弁当の時間になったら『おや、何かいただく時間ですか』と、車の陰から出て来て大好きな白飯をぱくついていました。

仔犬の頃からドッグフードしか与えていなかったのに、いつのまにか人間の食べ物の魅力を知っていた犬でした。

ドッグフードや犬用おやつにも厳然とした好みがあり、安価な犬用ビスケットやジャーキーには見向きもせず、みちのくファームやとり農園のジャーキーしか食べませんでした。

ビッグサイトだったか横浜だったかで開催されたペットフェアに連れていった時、試食で差し出されたジャーキーを一度口にくわえてからプイっと吐き出し、お店の人の笑顔をひきつらせたこともありました。

そんなグルメの甲斐ちゃんは、衰えても、というか衰えたから余計、美味しいものしか食べなくなりました。

今年の春に最初の一過性脳虚血発作を起こした後から、ドライフードを食べなくなり、缶詰を食べていました。

徘徊が始まってからは、療養食をミルサーで粉砕した後ふやかしてペースト状にしたものを缶詰と半々に混ぜて与えていましたが、これはドライでも粒のままではなかったせいか普通に食べていました。

10月に入ってからは、療養食を食べなくなったため、また缶詰オンリーに戻し、その代わりペットの認知症用サプリを混ぜていました。

10月後半には缶詰も食べなくなってしまいました。

水だけは自主的に積極的に飲んでいたのですが、それだけでは衰弱してしまうと心配し、朝、庭に出す前にペットの牛乳(シニア犬用)を人肌に温めて飲ませたら、気に入ったようでゴクゴクと飲みました。


ペットの牛乳(シニア犬用)
petmilk.jpg
原料はオーストラリア産だそうなので放射性物質という点でも別の点でも安心そうです。
仔犬用、成犬用もあります。


水分とカロリーが補えたら食欲も戻ってきたので、新しいもの珍しいもの好きの甲斐ちゃんが飽きないように、ウェットフード数種類を毎食ローテーションで与えるようにしてみました。


甲斐ちゃんの缶詰たち
dbf_3.jpg
paste.jpg
犬の介護食なんてものが売っていたのには驚きました。
画像は撮っていませんが、この他に霧島鶏(15歳から用)もローテーションに加えていました。
この缶詰バラエティ方式はとても気に入ったようで、いまのところ完食つづきです。

足のふんばりがきかなかったり、舌がうまくつかえなくなったりで、食べ方が非常に下手になってしまったため、これらのウェットフードをスプーンですくって口元までもっていってやらないといけませんが、甲斐ちゃんが食べてくれるのが励みになり、朝はこの缶詰だったから夕方はこっちの缶詰ね、などと楽しみながら食べさせています。

ペットの牛乳も、そのまま皿からでも飲みますが、皿に足をつっこんでこぼしたりするので、これまた食器を口元まで持って行ってやらないといけません。

ただ、皿を甲斐の胸元あたりの高さで持ち、頭を少し押さえて口を下向きにしてやると飲み易いらしくてよく飲むということがわかりました。

朝・昼・夕・寝る前の1日4回(朝・夕・寝る前は私が、昼は母に頼んで)、この頭おさえつけ方式でペットの牛乳を飲ませて水分・カロリー補給させています。

昼には大好物のカステラを一切れ、ペットの牛乳と一緒にあげているのですが、そのカステラも、スーパーの駄菓子コーナーに並んでいるような袋入りのカステラには見向きもせず、近くの農産物直売所で売っている高級な手作りカステラだと大喜びで食べるのです。

月以下のピラニア3頭は、袋入りのカステラも高級カステラも全く同様に『こんな美味しいもの産まれて初めていただきました!』と大興奮なのに、甲斐ちゃんは厳然と区別し、高級な方しか食べません。

某コーヒー会社のCMではありませんが、甲斐ちゃんは『違いがわかる』ゴールドブレンドなお方のようです(笑)

そのうち、またバラエティ缶詰+高級カステラにも飽きてしまうか、老衰が進んで食べられなくなるかと思うと、いまのうちに甲斐ちゃんが喜ぶものを何でも食べさせておいてやろうと思います。

また、少しでも食べられる期間が長くなるようにと、プーの時に試した大建中湯の注腸を毎朝庭に出す前にするようにしました。

その成果か、便秘にもならず、食欲もそれなりにある状態が保てています。

御飯を食べない時に、具合が悪くて食欲がないのか、もうこれ飽きたからのハンガーストライキなのか、見分けるのが難しい甲斐ちゃんですが、できるだけ長く少しでも良い状態で一緒に暮らせるようにいろいろ工夫していきたいと思います。



【中国製】8面サークルDTC24(扉付)【RCP】

【中国製】8面サークルDTC24(扉付)【RCP】
価格:3,680円(税込、送料別)








Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
アキママ  
美味しいモノ

甲斐ちゃん、美味しいモノだけを食べるようになったのですね(笑)
それ解ります。人間でもそうですよね。体調が悪い時は添加物の入った食品は食べたくないですものね。
私は歳と共に脂っこいモノを食べなくなりました。良質の油なら食べますが。
私が焼いたケーキを入院中の人がムシャムシャ食べてくれて周りが驚いていた事があったのですが、あれって添加物ゼロだったからなのだと思います。
甲斐ちゃんの場合もともと美食家だったのが高齢になって更に磨きがかかってきてたのでしょうね。
写真を見るとアキみたいでとってもカワイイです。

2013/11/22 (Fri) 13:00 | EDIT | REPLY |   
Suzuka@つくば虎梅荘  
アキママさん♪

コメントありがとうございます。
美味しいものしか食べないというのは、手もお金もかかりますが、そこがまた可愛く感じてしまうのは、長い年月をかけて甲斐に洗脳されてしまったのかもしれません(笑)

2013/11/22 (Fri) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply