【ご案内】第145回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ



第144回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会が、下記日程で開催されます。

日時: 平成29年04月02日(日)午前9時審査開始
場所: 山梨県韮崎市釜無川(旧富士川)河川公園広場




entry-840.jpg





出陳は、

甲斐犬愛護会登録の犬であること
所有者が甲斐犬愛護会会員であること
事前に出陳申込を済ませていること

が必要ですが、見学には特に資格も費用も必要ありません。

出陳犬だけで150頭近い甲斐犬が一堂に集まる様は圧巻です。
甲斐犬にご興味がおありの方は、是非是非お運びくださいませ。
マナー(☆後述)をお守りいただければ、御愛犬連れの見学も大歓迎です。

河川公園広場という名称ではありますが、実際にはただの河川敷で、ベンチなどは一切ありません。
じっくり審査を御覧になりたい方はチェアをお持ちになった方がよいでしょう。
イスパックが便利ですよ♪)
本部テント脇に簡易トイレが2〜3基設置されます。

会場周辺にはコンビニや自動販売機がありません。
出陳者には1頭につき1個づつお弁当&お茶が配布されますが、出陳者以外の方は、各々飲み物や食べ物を御準備されることをお勧めします。
手を洗えるところもないので、ウエットティッシュもあると便利です。
火の始末をしっかりしていただければ、バーベキューコンロなどの使用もOKです(会場は、河川敷で風が強いため、くれぐれも火の取扱にはご注意ください)。


審査の方法、過去の展覧会のレポードなどは、【甲斐のホームページ】および【つくば虎梅荘日記】を御参照ください♪

会場で皆様にお会いできるのを楽しみにいたしております。



会場案内(クリックで拡大します)

【愛護会会報掲載の地図】
kamanashigawa_map2.jpg


【ルートインコート韮崎提供の地図】
kamanasigawa_map.jpg




☆展覧会を見学される場合の注意点☆

<御愛犬を会場へ連れてきてはいけない場合>
発情中の牝、犬や人に対して咬癖のある犬、皮膚病など伝染性の病気罹患中の犬の来場はご遠慮ください。
牝の発情に飼い主が気付いていない場合もありますので、会場に来てから指摘されたり気付いた場合には、車の中やクレート(ケージ)などへ隔離してください。

<御愛犬の排泄物やゴミの管理>
会場は公園などをお借りしているものです。
御愛犬の糞をはじめとしてゴミ類は必ずお持ち帰りください。

<審査のさまたげにならないように>
リング周辺では、出陳犬の通行を妨げないようにしてください。
とくにリングの出入口付近は常に空けておいてください。
リングサイドで大声を出したり、大きな音をたてたりしないでください。

<出陳犬・ハンドラーに対する配慮>
出陳者は、遊びではなく本気で臨んでいます。
犬も人も、審査に備えてコンディションを整え、気持ちを高めています。
かなり緊張し、神経質にもなっています。
ですから、審査を控えたハンドラーや犬に声をかけたり、触れたりしないでください。
たとえ、いつもお散歩で仲良くじゃれあう○○ちゃんであっても、当日は真剣勝負中なので、ご配慮ください。
会場周辺でフレキシリード(伸縮リード)でご愛犬を連れ歩くのもご遠慮ください(理由はこちらのブログ記事をご参照ください)。
リングサイドで食べ物を食べる、見学中の御愛犬におやつを与えるなども、出陳犬の気が散りますので、おやめください。
リング内の犬たちの撮影はOKですが、ストロボは使用しないでください。
また、人間の顔や車のナンバーが識別できる写真をネット上(SNSを含めて)にアップする場合にはご本人の許可を得るか、識別できないように画像を加工くださいますようお願いいたします。
(詳しくは違法にならないネットライフをご参照ください)




あと3週間、私もタマちゃんも間に合うか!?
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

070109_pup_m2_1.jpg

仔犬は、仲間や先輩の犬舎でも随時産まれておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはお申込フォームから。

御家庭の事情で、ある程度成長した犬を御希望という場合にも
お役に立てると存じますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お申込フォームの御要望欄にその旨をお書きください。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_



犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』



犬診断(いぬのきもち)









Comments 0

Leave a reply